これで直射日光を防ごう!緑のカーテンの作り方(朝顔編)

スポンサードリンク

夏の直射日光は眩しくて暑く、

見ているだけで汗が出てきそうになります。

外出しているときは仕方がないとしても、

部屋の中にいる時くらいは夏の日差しを避けて、

涼しくいたいと思います。

それを実現してくれるのが、

植物を使った緑のカーテンを作ることです。

緑のカーテンの植物にはいろいろありますが、

今回は朝顔を使った緑のカーテンを考えてみたいと思います。

そこで、

・朝顔で緑のカーテンって作れるの?

・緑のカーテンに向いている朝顔とは?

についてお伝えしようと思います。

朝顔で緑のカーテンって作れるの?

朝顔はつる性の植物なので、

緑のカーテンを作ることができます。

用意する物

・プランター:

大きめで奥行きのあるもの

・土:

水はけがよく、有機質に富んだ肥沃な土。

おすすめは市販の草花用培養土です。

・ネット:

10cm×10cm程度のマス目のもの

・支柱:

作りたいカーテン幅のもの

・紐やワイヤー:

支柱やネットをくくりつける用なので、耐水性のあるもの

種のまき方

朝顔が発芽する気温は20~25℃です。

したがって、4月末から6月までに種をまきます。

また、早く発芽させるために、

爪切りやヤスリなどで種のへその反対側の皮を軽く傷つけて、

ぬるま湯に一晩つけておきます。

種のへそとは、芽が出てくる部分で

先端が白っぽい点のような部分です。

【種まきの手順】

・プランターの底に小石を敷いて、土を入れる。

・人差し指の第一関節位までの深さ1.5~2cmの穴を指であける。

・その一穴に2~3粒の種をまく。

・種の上に土を被せたら水をやる。

・発芽して2~3枚本葉がついたら15~20cmの間隔になるように間引く。

・不要な芽は根元からハサミで切り取る。

水やりの仕方

水やりは朝か夕方に水をたっぷり与えます。

昼間など気温の高いときは鉢の中で水温が高くなり

根を傷つける場合があるので、水やりは控えてください。

肥料の与え方

窒素、リン酸、カリウムの成分が

バランスよく配合された液体肥料を、

1週間に1回程度与えます。

摘心の方法とタイミング

朝顔の本葉が8~9枚になった時に摘心を行います。

本葉を下から数えて5枚目より上を切ります

そこからたくさんツルが出てきたら、

太くて元気そうなツルを1本選び、

再度それ以外を切り取ります。

ネットのはり方

朝顔のツルが伸び始めたら、

ネットを準備し支柱に紐やワイヤーで固定します。

ツルが50cm程度まで成長してきたら、

ネットにツルを這わせていきます。

緑のカーテンに向いている朝顔とは?

朝顔にもいろいろな種類があり、

ツルの伸び片も様々ですが、

ここでは、緑のカーテンに向いている

朝顔の品種をお伝えしたいと思います。

西洋朝顔

育ちがよく、草丈もよく伸び、大きな葉がよく茂るので、

緑のカーテンを初めて作る方に適しています。

遅めの開花時期ですが、開花すれば昼過ぎまで開花し、

適度に耐久性があるので霜が降りる頃まで楽しめます。

2階程度の高さまで伸び、

広い面積をカバーする緑のカーテンに向いています。

8月下旬~11月下旬頃が開花時期の目安です。

垣根朝顔

ツルがよく伸び、垣根に這って育つ朝顔

広い範囲の緑のカーテンに向いています。

品種によっては洋風の庭に合うものもあります。

7月~10月が開花時期の目安です。

曜白朝顔

静岡大学名誉教授米田芳秋氏によって生み出された品種で、

花に星のような放射線状の白い筋があるのが特徴的な朝顔です。

草丈が1階軒下程度まで伸び、

開花時期が日本朝顔より長いので緑のカーテンに適しています。

7月~9月頃が開花時期の目安です。

最後に、朝顔で緑のカーテンをつくるときは、

一つの品種にこだわらずに

いくつかの品種を寄せ植えすることで、

いろいろな色の朝顔を楽しむこともできます。

ご自宅の緑のカーテンを作る面積を考えて、

出来上がったイメージを浮かべながら楽しく作っていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。