直射日光を防いで住みやすく!緑のカーテンをゴーヤで!植える時期はいつ?

スポンサードリンク

夏の直射日光を浴びると、

部屋の中でエアコンをつけていても

節電的には厳しいものがあります。そ

の直射日光を和らげ節電にも役立ち、

おまけに、食べることもできるというよい方法があります。

今では、ちょくちょく見かけるようになった

緑のカーテンです。

その緑のカーテンをゴーヤで実現します。

そこで、ここでは、

・緑のカーテンの効果とは?

・ゴーヤを植える時期は?

についてお伝えしたいと思います。

緑のカーテンの効果とは?

緑のカーテンの効果には、主に

・周囲の温度を下げる

・省エネ効果がある

・二酸化炭素を削減する

の3つがあります。

それぞれについてもう少し詳しく解説します。

周囲の温度を下げる

緑のカーテンによって太陽光が持つ熱エネルギーを

約80%カットする効果があると言われています。

それは、

ゴーヤなどの植物の葉による日差しを遮る効果と、

葉から水分を蒸発させる蒸散作用によって熱を奪う効果で、

周囲の温度を下げるのです。

ある実測データによれば、

緑のカーテンによって2~4℃程度涼しくなるようです。

省エネ効果がある

上記のように周囲の温度を下げてくれるので、

エアコンを使う頻度や設定温度にも

よい影響を与えてくれます。

つまり、エアコンの使用頻度が減り

省エネ効果を生み出します。

ある試算によると、

2mx2mの緑のカーテンを2面作った場合、

夏の期間1台の8畳用エアコンを止めたのに匹敵する

という報告があるようです。

二酸化炭素を削減する

緑のカーテンはゴーヤなどの植物を使うので、

「光合成」によって二酸化炭素を削減できます。

ひいては、地球温暖化防止に貢献できるでしょう。

ゴーヤを植える時期は?

熱帯アジア原産のゴーヤは、

一般的に春から初夏にかけた時期に植えますが、

その植える時期は地域によって多少異なってくると思います。

ゴーヤを植える時期は、

温かい日本の南側や石川/富山を除く関東甲信越の場合、

4月末~6月初旬頃まで

石川/富山を含む北日本などの寒冷地の場合、

5月中旬~6月末頃まで

となるでしょう。

収穫時期は、

石川/富山を除く関東甲信越の場合7月中旬~10月初旬くらいまで、

温かい日本の南側の場合6月中旬~10月中旬頃まで、

石川/富山を含む北日本などの寒冷地の場合8月~10月頃までとなります。

最後に、ゴーヤで緑のカーテンを作る場合、

水さえ絶やさなければ他の植物と比べて簡単に伸びてくれますし、

虫もあまり寄ってこないので

消毒などもほぼ必要ありません。

初心者でも簡単に緑のカーテンを作れると思います。

また、マンションに向いているかもしれませんね。

是非、試していただき、

地球温暖化防止に貢献してはいかがですか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。