これはすごい!湿気取りシートシリカゲルの効果とは?

スポンサードリンク

布団やマットレスはどうしても湿気が溜まりがちです。

そのときに役立つのが

湿気やカビ対策のための除湿シートです。

西川やカインズなどはもちろんですが、

ホームセンターや100均などでも販売され、

サイズもシングルやセミダブルと言うように

いろいろなタイプがあります。

また、消臭効果のあるものや洗えるものまで商品は多種多様です。

ここでは、除湿シート中のひとつである

シリカゲルを取り上げて、

・なぜ布団やマットレスが湿気るの?

・シリカゲルのメカニズムと効果とは?

について考えてみたいと思います。

なぜ布団やマットレスが湿気るの?

なぜ布団やマットレスが湿気るのでしょうか。

当然、湿気るということは

どこかに水分を発生させる源がなければなりません。

その発生源は、人の身体です。

一般的に、人は寝ている間に

コップ一杯分およそ200cc程度の汗をかくと言われています。

これはあくまで成人の場合の平均値であり、

寝汗がひどい人や新陳代謝の盛んな人、

あるいは、梅雨や夏などの季節によっても汗をかく量は違ってきます。

そのかいた汗は、布団上部に30%程度、

布団下部に70%程度が湿気として溜まり

敷布団やマットレスを通して発散されるのです。

しかし、湿気を吸収しないフローリングの場合、

湿気を発散できないため、

湿気が水滴となり布団がジメジメするわけです。

それをそのままにしておくと、

カビが発生することになります。

シリカゲルのメカニズムと効果とは?

シリカゲルは高い純度99%以上の

二酸化ケイ素(SiO2)からできており、

ケイ素を酸素中で加熱することで生成されるものです。

化学的に非常に安定した多孔質物質で、

pHは中性から弱酸性で、

水溶性、潮解性、発熱性、毒素は全くありません。

このため、乾燥剤や湿度調整剤に適しています

安全で無害な乾燥剤としてJISに唯一適合する商品です。

シリカゲルが水分などを吸着するメカニズムは

以下の2種類あります。

・化学的吸着(シラノール基による吸着)

極めて低い湿度の場合、

多孔質の表面に水分が吸着します。

・物理的吸着(毛細管現象による吸着)

高い湿度の場合、

毛細管現象によって多孔質の穴の中に水分を吸着します。

構造は、二酸化ケイ素の微粒子が集まって、

微細な孔が連続的に網の目のように形成されています。

この微細な孔に水分や臭いなどの物質が吸着するわけです。

最後に、

毎日布団を上げ下げするような方ならば、

シリカゲルの除湿シートがおすすめです。

なぜなら、シリカゲルの除湿シートは

吸湿可能量こそ小さいですが、

毎日布団を上げ下げするのであれば、

その除湿シートを換気することで

除湿効果を回復できるからです。

また、シリカゲルが財布に優しいのも嬉しい点です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。