もう嫌だ!湿気で髪の毛がパサパサしちゃう原因と対処法とは?

スポンサードリンク

出勤や通学の日に雨が降っていると、

憂鬱になると思います。

余計な荷物の傘をもち、

いつもより混雑した電車に乗れば、

濡れた傘と濡れたバッグにあたられ、服が濡れたり...

本当に憂鬱です。

さらに、湿気があるために髪がパサついて

手に負えないとなるともう大変です。

職場や学校につけば、

せっかく時間をかけてセットした髪型が崩れてしまっています。

そこで、ここでは、

・髪のパサパサ、湿気による原因とは?

・パサパサしないための対処法とは?

について調べてみましたので説明したと思います。

髪のパサパサ、湿気による原因とは?

髪の毛の構造を「のり巻き」に例えると、

中心の具材部分にあたる「メデュラ」

最も占める割合の大きな白米部分の「コルテックス」

そして、一番外側の海苔が「キューティクル」

ということになります。

いろいろなダメージを受けた髪はキューティクルが破壊され、

コルテックスがはみ出して内部がスカスカになり、

パサつきや枝毛、切れ毛などのダメージを生じます。

雨の日はコルテックスがはみ出してできた隙間に、

空気中の湿気が入り込み、

髪内部の水分量が増していきます

通常、健康な乾いた髪の水分量は

11~14%程度と言われています。

しかし、シャンプーなどで濡らした場合、

髪は水分を吸収しやすいので、35%程度まで上昇します。

したがって、雨が降る日は必要以上に水分を吸収するため、

髪の広がりや膨張を引き起こし、

まとまりがつかない状態になります。

また、元来7割程度の日本人がくせ毛と言われています。

くせ毛は一本の髪でも

「水分が溜まりやすい部分」や「乾きやすい部分」などができるため、

水分量を均一に保持しにくいのです。

痛みの度合いなどによって

水分量に違いが出るダメージヘアも同じように、

髪のパサつきや広がりが毛先のまとまりを悪くする原因になっています。

パサパサしないための対処法とは?

対処法を一言でいうと、

「髪内部の水分量を適量に保つこと」ということになりますが、

これが難しいですよね。

最も手軽な方法は、

ヘアオイルやワックスなどを使い、

内部のコルテックスに余計な水分が入り込まないように

髪を保護すると共に、髪の根元付近を十分に乾かすことです。

しかし、雨の日に髪のパサつきや膨張などが起こりだしたら

抑え込むのは難しく、髪質やダメージの度合いによって

も癖の出方が違ってきます。

したがって、美容師などに相談して

髪がパサついたときのアレンジ法を聞いておくのも

ひとつの対処法だと思います。

最後に、

髪のパサつく原因とその対処法について

お話しさせていただきました。

これを参考にしていただき、

梅雨時期を楽に過ごす自分なりの解決策を探してみると

良いのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。