やっぱり気になる?タオルの黒ずみの落とし方!

スポンサードリンク

洗濯しているのに

気づくとタオルが黒ずんでいることはありませんか?

毎日使うタオル、

気持ちよく使いたいですよね。

ちゃんと洗濯しているのに、

どうして黒ずみが出来てしまう?

この黒ずみはカビなか?

その原因と黒ずみの落とし方を調べてみました。

タオルの黒ずみの原因

洗っていても黒ずみが付着してしまう原因。

・汚れがしっかりと落ちていない

・湿ったまま丸めて放置している

・柔軟剤の使い過ぎ

・洗濯槽が汚れている

だいたいこんなところでしょうか。

汚れがしっかりと取れていないのは

洗濯物の詰め込みすぎが原因のひとつです。

一度の洗濯量を少なくしましょう。

湿ったままのタオルを放置すると

雑菌が繁殖して黒かびの原因になります。

柔軟剤が原因になるとは意外でしたね。

柔軟剤の入れすぎによって、

生地に柔軟剤が残ってしまい、

それが黒ずみの原因になってしまうことがあるそうです。

洗濯が終わった後にすぐ蓋をしめてしまうと、

洗濯槽の中が湿った状態になってしまい

雑菌やかび菌が繁殖します。

洗濯機を使い終わった後は、

しばらく蓋を開けたままにして

乾燥させることをお勧めします。

タオルの黒ずみの落とし方

それでは、

黒ずんでしまったタオルをきれいにする方法

あるのでしょうか?

調べてみるとありました!

熱いお湯に粉末の酸素系漂白剤を溶かして、

その中に黒ずんでしまったタオルを

2時間ほどつけ置きしてから、

洗濯をする方法です。

粉末の洗剤は溶かし残りがあると、

それが黒ずみの原因になりうるので

しっかりとお湯で溶かします。

次に、重曹を使って煮洗いする方法です。

大きな鍋に(アルミ・アルミニウム鍋はダメ)お湯を沸かし、

そこに重曹と粉石けん(洗濯用の粉洗剤ではありません)をよく溶かし、

黒ずんでしまったタオルを入れる。

沸騰させて10分ほど煮ます。

1~2時間放置してから

しっかりとすすぎと脱水をします。

重曹を使う方法なので、

臭いも取ってくれます。

これでダメなら諦めた方がよさそうです。

まとめ

タオルの黒ずみの原因と汚れの落とし方を調べてみました。

意外な原因もありましたね。

一番の対策は黒ずみができる原因を作らないことです。

湿ったタオルを放置しない、

洗濯物を詰め込みすぎない、

柔軟剤を使いすぎない、

洗濯槽を定期的に掃除するなどですね。

粉末洗剤を使っているご家庭は

しっかりと洗剤を溶かして使うことも

大事だと思います。

毎日、使うタオルは

常に清潔にして気持ちよく使いたいですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。