かゆい…!腕に湿疹が…!?かゆみの原因は、夏に訪れる!

スポンサードリンク

腕に湿疹ができてしまい、

どうしようもなく続くかゆみに

悩まされたことはないでしょうか。

ましてや、薄着の季節だと見た目も気になることでしょう。

すぐに完治すればよいのですが、

何日も治らないと不安になってくると思います。

そこで、

・腕にできる湿疹の原因とは?

・湿疹の対処法と予防法とは?

について考えてみます。

腕にできる湿疹の原因とは?

ここでは、湿疹ができる主な原因について説明します。

心配ないものからすぐにでも病院へ行った方がよいものまで

いろいろあるので、「たかが湿疹くらい」と考えないことが重要です。

ダニ

見た目は綺麗な部屋でも、

ベッドや絨毯などに数多くのダニが繁殖しています。

睡眠中などに刺されて湿疹ができることがあります。

腕に5ミリ程度の小さい赤い斑点ができて、

長く続くかゆみを感じたら

ダニに刺された湿疹の可能性があります。

虫刺されだと思ってそのまま放っておき、

かき傷などから菌が入り、

刺された跡が残ったり、

感染症になったりすることがあります。

なので、気をつけないといけません。

汗疹(あせも)

子供によく発症する皮膚疾患です。

最近では大人の方で汗疹を発症する人が少なくありません。

汗疹の原因は、汗や蒸れで、

大量の汗をかく日が続くと皮膚に汗が溜まり、

汗疹が発症することがあります。

特に、腕で汗疹ができ易い部分は

肘の内側などの汗が溜まりやすく乾きにくいところです。

蕁麻疹(じんましん)

ストレスや体温の変化などが原因で、

かゆみを引き起こすヒスタミンを刺激してしまうことによって発症する

皮膚疾患です。

かぶれ

化学物質やうるしなど肌に触れると湿疹ができる物質は

天然や人工を問わず数多くあります。

また、肌の弱い人だけが湿疹を発症することあります。

毛嚢炎(もうのうえん)

毛穴の奥に細菌がたまり、

炎症を引き起こす皮膚疾患です。

かゆみや痛みをほとんど感じないが、

赤い小さなブツブツができた場合、

毛嚢炎の可能性が高いです。

アトピー性皮膚炎

強いかゆみと共に湿疹ができた場合、

アトピー性皮膚炎を発症している可能性があります。

アトピー性皮膚炎はダニやカビが原因で起こることもあります。

湿疹の対処法と予防法とは?

湿疹が発生した場合の対処法と予防法を説明します。

塗り薬などで治療

ダニなどにさされた場合は塗り薬が効きます。

病気が原因の場合は飲み薬が処方されることもあります。

日光アレルギーなどのような厄介なアレルギーもあります。

マスク、長袖、日傘などで予防することです。

皮膚科を受診

湿疹の原因は数多くありますので、

素人判断は禁物です。

湿疹が長期間だったり、頻繁に現れるようだったら、

必ず皮膚科を受診した方がよいです。

アレルギーは大人になってからも発症することがあります。

健康に自信のある人でもアレルギーを発症することがあります。

最後に、

腕の湿疹は顔などの他の部部と比べれば危険性が低いです。

しかし、油断は禁物です。

湿疹が長期化し慢性化してしまう前に

皮膚科を受診し正しい治療を受けることが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。