それって大丈夫?アロマオイル入りお風呂の残り湯は洗濯に使えるの?

スポンサードリンク

アロマオイル、みなさんは使ったことがありますか?

筆者も癒しやヒーリングが趣味のお友達に

リラックスできるよ~と勧められたアロマオイルをもらってから、

寝る前ティッシュペーパーに少量垂らし、枕元に置いて寝ています。

これが本当にリラックスでき、

呼吸も穏やかになり頭の中がすっきりして、

驚きの速さでいつのまにか寝ているんですよね(笑)

お友達の勧めのおかげで、その後病みつきです(笑)

アロマオイルを使ったキャンドルを焚いたり、

リードディフューザーにアロマオイルを入れて香りを楽しんだり、

柔軟剤でもアロマの成分を入れたものが販売されたりと、

「香りによる癒し効果」というものが流行っていて、

いろんなところで目にしますね。

最近では「アロマストーン」というものが流行っているそうで、

石膏や素焼き、石などに垂らすだけ!

というとっても簡単なアロマの楽しみ方があるようですよ~。

そして火も水も使わないので、安心・安全だと高評価☆

この癒し効果抜群な「アロマオイル」

アロマディフューザーやリードディフューザーで使用したものなら、

そのまま捨てられますが、

お風呂でアロマをゆっくり楽しみたい!という方も多いと思います。

お風呂のお湯にアロマオイルを入れて浸かることで、

皮膚だけに限らず、嗅覚も癒されると大人気です!

アロマと温浴効果でリラックスのダブルの効果が期待できるので

アロマオイルの使い方としてはとてもオススメですね☆

しかし・・・

ご家庭の中には

洗濯の時、お風呂の残り湯を使っている方、いらっしゃいますよね。

そのとき、

「このアロマオイル入りの残り湯で洗濯ってしていいんだろうか??」

と疑問に思いませんか?

アロマオイルというくらいだから、

洗濯物がベトベトになったりしないかしら・・・?

そこで今回は主婦のみなさまの小さな疑問☆

アロマオイル入りの残り湯での洗濯について、調べてきました!

アロマオイルだけ入っているお風呂の場合

純粋に天然の精油のアロマオイルだけを使用した残り湯の場合は、

天然のアロマオイルは、

使用してから翌日まで香りが残ったりすることはないそうです。

ですので、洗濯に使用してもOKとの情報をキャッチ!

ですが!

ここで一つ注意点がありまして、

洗いに残り湯を使用することはOKなのですが、

すすぎは向いていません

すすぎは必ず水道水を使用してくださいね。

そして、もしアロマオイルに色がついていたら

洗いでも残り湯での洗濯はNGとのこと!

大切な衣類に色移りしてしまったら困りますもんね。

アロマオイル+αが入っているお風呂の場合

アロマオイルだけではなく、

アロマオイルを薄めたりする際に使うベースオイル

キャリアオイルといわれるものや、

天然塩はちみつスキムミルクなどが入っている残り湯は、

使用しない方がいいとのことです。

天然塩や塩を使用した入浴剤などは、

注意書きに「残り湯は洗濯には使用しないこと」と明記してあることもありますので、

アロマオイルと一緒に入れて翌日残り湯として使いたい場合は

よく注意書きを読んでみてくださいね。

ベースオイルはただの油なので、排水溝などを汚してしまう恐れもありますし、

塩は衣類の繊維を傷めてしまう場合があります。

給湯方法やシステムバスなどでは壊れる原因になったりすることもあるようです。

アロマオイルに何かほかに混ぜて使用した残り湯は、

洗濯には使用しない方がいいですね!

まとめ

いかがだったでしょうか?アロマオイルは手軽に芳香療法を楽しめるグッズとして、

大人気です。

今回ご紹介のアロマオイル温浴やアロマディフューザー、

アロマポッド、アロマストーンなど、いろんな楽しみ方ができるので、

試したことがない方はぜひ!お試しください。

筆者のように、病みつきになるかもしれません・・・

日々の家事や子育てでコタコタに疲れた体を

お風呂とアロマオイルで癒したい!という方。

そんなときはアロマオイル温浴で体を癒して気持ちをすっきりさせたら、

翌日の洗濯で、全~部流してしまいましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。