あなたは大丈夫?暖房をつけっぱなしで寝ると体に悪い?

スポンサードリンク

寒い夜は寝床に入っても、

なかなか温まらないときがあります。

そんなとき、どうされていますか。

まさか暖房をつけっぱなしで寝ていることはないでしょうか。

暖房をつけっぱなしにしていると、

乾燥しすぎて頭痛や吐き気など

体調不良になることがあると思います。

そういうことは、頭では分かっているけれど、

きちんと把握したいと思いませんか。

そこで、今回は

・暖房をつけたまま寝ると起こる体への影響とは?

・冷房でも暖房と同じようなことが言えるのか?

についてお伝えしたいと思います。

暖房をつけたまま寝ると起こる体への影響とは?

冬場は何もしなくても

室内温度が10度くらいになることがよくあります。

室内温度が10度ということは、

11月の平均気温と同等ですから、

11月に外で生活しているのと同じ状況になります。

この環境では、風邪をひいたりお腹をこわしたり

冷え性になることも考えられます。

身体の免疫力も低下するでしょう。

寒さに耐えて寝るのは非常に辛いことです。

そこで、必要となるのがエアコンやヒーターなどの暖房機器です。

しかし、暖房は使い方に注意を払わなければ、

身体に悪い影響を与えます。

最大の問題は「乾燥」です。

冬の時期は常に空気が乾燥している状態です。

夏の時期と比べると2倍以上乾燥しています。

夏場は湿度が高いので、肌の潤いを保持できますが、

冬場は乾燥するのでカサカサになったり、

喉が乾きやすく痛めやすい季節です。

もし、就寝時に暖房をつけたままにしておくと、

翌朝、肌はかなり乾燥し、

喉もカラカラに乾いているでしょう。

この状態のままでは、

風邪ひきやインフルエンザなどになる可能性が高まります。

毎日寝室で暖房をつけっぱなしにしていると、

肌が回復しようとする就寝中にダメージを受け続けているため、

肌の状態が悪くなる一方です。

また、喉の乾きは喉と口の中が乾燥しているため、

唾液が少なくなり、雑菌から身体を守りづらくなります。

それが原因で、慢性的な風邪や

インフルエンザなどにかかる確率が高まります。

さらに、冬は夏と違い、

水分補給量がどうしても低下する傾向があるので、

脱水症状になる可能性もあります。

脱水気味になると、

身体の倦怠感や吐き気などの症状に襲われます。

冷房でも暖房と同じようなことが言えるのか?

結論から言うと冷房と暖房とでは違います。

例えば、冷房病を取り上げます。

主として冷房が原因として起こる

「自律神経のバランスが乱れた状態」のことです。

原因は過冷房、すなわち冷房温度の下げすぎによって起こります。

しかし、冬場の暖房でも同様の温度差がありますが、

厚着により体温調節機能が補われるので、

冷房病のような症状を起こすことはまずありません。

最後に、

冬の季節に暖房をつけっぱなしでいることはよくありません。

しかし、加湿器と湿度計をうまく使えば、

快適な環境を得ることができますので、

暖房、加湿器、湿度計の三位一体で最適な環境を作るようにしたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。