コスプレにカラコンは必須!カラコンを安全に使うためにすべきこと

スポンサードリンク

カラーコンタクト(カラコン)は、

瞳に装着するだけで手軽にお洒落に取り入れられ、

ファッションアイテムのひとつとなってきています。

しかし、気軽なファッションアイテムと言っても、

やはり目の中に入れる

高度管理医療機器のひとつであることには変わりありません。

最近は規制緩和でドラッグストアなどでも扱われていますが、

コンタクトなので雑に扱うと

取り返しのつかないことになる場合もあります。

そこで、今回、

・カラコンを使うとどう変わるのか?

・カラコンを使う際に気を付けていた方が良いこととは?

について調べてみましたのでご説明します。

カラコンを使うとどう変わるのか?

カラコンを装着することで次のようなことがあげられるようです。

・いつもと雰囲気が違う

・いつもよりも格段に可愛くなっている

・目が大きく見える

・顔の印象も明るく華やかに見える

・肌が綺麗になってる

・顔全体の印象は明らかに変わっている

カラコンを使う際に気を付けていた方が良いこととは?

カラコンを正しく使っていないと

目のトラブルを引き起こしてしまいます。

では、カラコンを使うに当たって、

どのようなことに注意したらよいのでしょうか。

その辺をご説明します。

カラコンが傷ついていないかをチェック

カラコン自体が傷ついていると、

色素が漏れ出て目に付着したり、

カラコンの傷で目を傷つけたりする可能性があるので、

装着前に必ず傷ついていないかをチェックしてください。

手を清潔にして装着

カラコンを装着する前に必ず手洗いを忘れないことです。

さらに、コンタクトレンズですので、

細菌感染など目に重大な病気を引き起こさないように、

複数日使うタイプの場合、装着前に綺麗に洗浄してください。

長時間装着はダメ

酸素透過性の高いカラコンでも、

長時間装着したままにすると角膜を傷める原因になりますので、

取説に記載された装着時間を守ってください。

カラコンを装着したまま寝るなんて、もっての他です。

使用期限の厳守

カラコンには使用期限があるので、

その使用期限をしっかり守ってください。

定期的な眼科検診

瞳に傷がついていないか、

目のトラブルはないかなど、

カラコンを補完するときに

ちゃんと眼科検診を受けるようにしてください。

目に取り返しのつかないトラブルを引き起こしてからでは大変です。

最後に、

カラコンも手軽に手に入れることができますが、

目の中に入れるものですから、安全なものを購入し、

正しい使い方をするようにしましょう。

お洒落優先ではありません。

あくまで目が大切です。

感染症などの病気になってからでは遅いですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。