計画を立てるためにも!夏休みはいつからいつまでが高校の平均なのか?

スポンサードリンク

高校に入学したての新1年生は

夏休みの期間がいつからいつまであるのか、

気になると思います。

中学生とは違い、試験休みなどが入ったりするので、

どこからどこまでが夏休みなのが

分からないかもしれませんね。

旅行や勉強などの夏休みの計画を立てたい

と考えている人のために、

事前に夏休みの期間を把握しておきたいですよね。

そこで、

・高校生の夏休みの平均期間はどれくらいなのか?

・高校生の夏休みは前より増えた?

について調べてみましたのでお伝えしたいと思います。

高校生の夏休みの平均期間はどれくらいなのか?

多数の高校は、

海の日前後の7月14日~21日の間に

夏休みに入るのではないかと思われます。

当然、各高校によって夏休みに入る日に差があります

同じ地区でも異なるでしょう。

2018年度の標準的な夏休み期間は、

7月21日(土)~8月31日(金)までの42日間だと思います。

それでは、2018年度の各地の公立高校の

夏休みの期間(予想)を見ていくことにします。

北海道の札幌市

7月25日~8月21日までの28日間

東北の宮城県仙台市

7月21日~8月24日までの35日間

関東の東京都新宿区

7月21日~8月24日までの35日間

関西の大阪府大阪市

7月21日~8月24日までの35日間

中部の愛知県名古屋市

7月21日~8月31日までの42日間

中国の広島県広島市

7月21日~8月31日までの42日間

四国の徳島県徳島市

7月21日~8月31日までの42日間

九州の福岡県福岡市

7月21日~8月28日までの39日間

沖縄県那覇市

7月21日~8月25日までの36日間

このデータでは、やっぱりというか北海道が一番短いですね。

意外なのが、暑い沖縄の36日間です。

暑さに慣れているからなのか、台風が多いからなのか、

は分かりませんが...

上では公立高校を取り上げましたが、

総じて私立高校の方が夏休み期間は長いようです。

ただし、私立の進学高校は

夏休みと言っても強制的な課外授業で

気を緩められず多忙なようです。

高校生の夏休みは前より増えた?

今の高校生は、私の高校生時代(うん十年前)と比べると、

夏休み期間は実質的に減る傾向にあるようです。

そのひとつの理由としては、

学校にエアコンや扇風機などの空調設備が設置されているところが

増えてきているからだと考えられます。

昔のように、下敷き片手汗だくになりながら机に向かうのではなく、

涼しいエアコンなどのもとで

効率よく勉強に集中し励めます。

また、夏休みに入っていたとしても、

前項でも少し触れたように強制的な課外授業への出席のため、

高校に通学しなければならない、

ということもあげられます。

私は学校へ行くより自宅で学習する方が効率よかったけどね。

時代がかわったと言うことですね。

最後に、

中学時代とは違い、

高校生になると夏休みは1.5倍くらい長くなります。

貴重な長期休暇ですので、

できれば勉強に励んでいただきたいと思いますが、

何か熱中できるものがあれば、

高校2年の時にでもチャレンジしてみるのもよいですね。

先の大学に進学することを考えている人は、

大学生になれば休みはいっぱいあります。

それを期待して夏休みはがんばりましょう。


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。