知ってた?アルコールによる関節痛の正体とは?

スポンサードリンク

「普段は関節痛になることはないのに、

お酒を飲んだ後に関節痛になる」

ということで悩んでいる方は居られると思います。

なぜ肘や膝などの関節が痛くなるのでしょうか。

せっかく楽しくお酒を飲んだとしても、

関節痛になると思うとお酒を飲むのも躊躇うことがあるでしょう。

そこで、飲酒を習慣にしているけど

身体に起こることは気になる方のために

・アルコールが与える体への影響とは?

・関節痛はなめていたら危ない?アルコールが原因の場合の正体とは?

のポイントで参考になることをお伝えしたいと思います。

アルコールが与える体への影響とは?

長い間多量の飲酒をしていると、

肝臓だけでなく、全身の臓器に悪い影響を与えます。

その中には末梢神経などの障害も含まれ、

アルコール性多発神経炎

:手足のしびれや痛み、感覚異常などが症状

アルコール性筋炎

:筋肉が痛んだり、脱力・麻痺といった症状

と言われるものがあります。

これらの症状は、ビタミンやミネラルが不足し、

栄養のバランスが崩れているために起こるようです。

体内のアルコールを分解するには

大量のビタミン類が必要ですが、

お酒だけ飲んでいたり、

胃腸障害や肝機能障害をもっていると、

栄養分の吸収代謝が低下して、

慢性的なビタミン不足状態に陥り、

アルコール分解に追いつかなくなるのです。

関節痛はなめていたら危ない?アルコールが原因の場合の正体とは?

アルコールを分解するプロセスで発生する

「アセトアルデヒド」はアルコールよりも強力な毒性を持っています。

飲酒後の痛みは、アセトアルデヒドが

筋肉や関節付近の細胞に入り込み、

神経を刺激することで痛みの原因のひとつになる

と考えられています。

肝臓で十分に分解されれば、

猛毒のアセトアルデヒドは無害な二酸化炭素と水になり、

体外へ排出されます。

しかし、日本人の場合、

約半数は分解酵素の働きがないか弱いと言われています。

したがって、飲酒後、関節痛や筋肉痛になり易いと言うわけです。

また、アルコールによって尿酸値がたかくなりますので、

「通風」のリスクも高まります

最後に、飲酒による関節痛は、

各人のアルコール分解能力を超えてしまった場合に起こる

と言うことなので、

自分自身の体調や処理能力を考慮して、

お酒と上手に付き合うことが大事ですね。

要するに、「飲みすぎはやめましょう」ということのようです。

私もお酒が好きなので、気をつけようと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。