妊娠初期症状の肩こりの原因と対策は?

スポンサードリンク

妊娠の初期症状として

肩こりや頭痛などが起こりやすいとされています。

その中でも肩こりで悩まされている人が

およそ30%いるというデータがあります。

妊娠初期の肩こりをそのままにしておくと、

症状が悪化する恐れがあるので注意が必要です。

そこで、

・妊娠初期症状に肩こりが起こる原因とは?

・肩こりは対策が必要!その気になる対策とは?

についてお伝えしたいと思います。

妊娠初期症状に肩こりが起こる原因とは?

妊娠初期に起こる肩こりの原因を大きく分けると

1)黄体ホルモンの分泌

2)ストレス

3)便秘

の3つになるでしょう。

この3原因についてもう少し詳しく説明したいと思います。

黄体ホルモンの分泌

妊娠初期に起こる血行不良の原因は

ほとんど黄体ホルモンの分泌によるところが大きいです。

黄体ホルモンは子宮の収縮を抑えて

胎児が成長するのに適した環境を整えるために分泌されます。

しかし、黄体ホルモンは血管を収縮させてしまうため、

血流が悪くなってしまうことがあります。

したがって、血行が悪くなると肩への酸素が不足し、

乳酸が分解されずに肩こりを生じることになります。

ただし、黄体ホルモンの分泌は妊娠16週目頃には治まるため、

その頃には症状が少し改善されていきます。

ストレス

妊娠初期は、妊娠したことで生活環境が激変し、

また、何か行動を起こすとしても

胎児に影響しないかと心配してしまい、

身体的ストレスを感じやすくなっています。

このストレス蓄積によって、自律神経が乱れ、

頭痛やめまいなどが発症すると共に、

緊張状態になり肩こりを生じさせることにつながります。

便秘

黄体ホルモンの分泌によって腸の働きが鈍くなり、

便秘を起こしやすくなります。

便秘が長く続くと腐敗ガスが発生し、

そのガスが腸壁を通り抜け血液中に浸透していきます。

すると、肩に不衛生な血液が浸透するので、

疲労物質である乳酸が蓄積し易くなり

肩こりを引き起こしやすくなるのです。

肩こりは対策が必要!その気になる対策とは?

肩こりの対策法をご紹介したいと思います。

1)マッサージ

肩こりにすぐに効く

「さとう式リンパケア」というマッサージ方法がおすすめです。

2)肩を温める?/冷やす?

肩こりの症状によって、

温めた方が良い場合と冷やした方が良い場合があるので、

その場合分けを説明します。

・冷やした方が良い場合

頭痛を伴ったり、首や肩を動かすと痛む肩こり、

ズキズキと脈打つような痛みがある肩こりは

冷やした方が良いです。

なぜなら、炎症を起こしている可能性が高いためです。

・温めた方が良い場合

「冷やした方が良い場合」以外の肩こりに適しています。

どちらの場合もタオルを温めるか冷やして、

肩に当てればよいでしょう。

温める場合は湯船に浸かっても良いですね。

3)ウォーキング

やはり軽い運動のウォーキングですね。

妊娠初期の人は、1日30分だけ

マイペースのウォーキングをすると良いです。

また、子宮の代謝もよくなるので一石二鳥です。

さらに、便秘の解消や自律神経も整えることも期待できます。

最後に、肩こりや頭痛がひどく、

対処法を実施しても効果がない場合は、

できるだけ早く病院に行くようにします。

妊娠初期なので早い対応が肝心です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。