まぶたの脂肪を落とすと痩せる?その方法とは?

スポンサードリンク

「脂肪」と聞いただけで

嫌悪感に陥る人も少なくないかもしれません。

特に、ダイエットに取り組みたい/取り組んでいる

と言う人にはやっかいもの極まりない代物です。

そんな脂肪が付いてしまう部分「まぶた」は

隠すのが非常に難しく、悩みの種になっていませんか。

アイメイクなどで上手に隠しているかもしれませんね。

そこで、

・まぶたには脂肪がのっているから太る?

・まぶたの脂肪を落とし方とは?

のポイントについて調べましたので、ご紹介したいと思います。

まぶたには脂肪がのっているから太る?

まぶたに脂肪が付く原因として考えられるのは、

「まぶた周りの筋肉が衰えているか減少していること」

があげられます。

これは、お腹などの部位でも分かるように

腹筋など筋肉を使わなければ

その部位に脂肪がつくのと同じことで、

まぶた周りの筋肉が衰えたり減少したりすれば、

当然まぶた周りの筋肉を使う機会が少なくなるため、

脂肪がつき易くなることになります。

さらに、まぶた周りの筋肉の現象などで、

周りの血行まで悪くしてしまい、

皮膚が老化しハリや弾力がなくなってしまいます

したがって、まぶたについた脂肪と皮膚の重みを支えきれずに、

まぶたが重力で下へたるんでしまいます。

一方、

「痩せたら目が大きくなりました」

「水分を控えて蒸しタオルとかで暖めるとたるみがマシになった」

などの情報もあります。

まぶたの脂肪を落とし方とは?

まぶたの周りの脂肪を落とすには

・まぶたの周りのマッサージ

・まぶたの周りの筋肉を使ったエクササイズ

の組み合わせが効果的です。

マッサージによって、まぶた周りの血行をよくし、

皮膚にハリや弾力を再生し易くします。

その後、まぶた周りの筋肉を使ったエクササイズをすれば、

衰えた筋肉を鍛えることができ、

筋肉を活性化したり、筋肉の減少を抑えられたりできます。

簡単なマッサージとエクササイズを一例紹介します。

まず、適度に温めたタオルや市販のホットアイマスクなどを使って

目の周りを暖め血行をよくします。

これによって、目の疲れを取ると共に

エクササイズの効果を出しやすくします。

次に、眉が動かないように人差し指でおさえながら、

目を大きく開いて上目づかいをし、

まばたきを30回します。

最後に、目をギュッと5秒程度閉じ、

大きく見開いて5秒程度キープするエクササイズを5回実施します。

最後に、

人間は何もしないと歳を重ねるごとに

筋肉がどんどん落ちていきます。

ここで取り上げた「まぶた」だけでなく、

顔、腕、腹などいろいろな部位の筋肉が落ち、衰えていきます。

無理のないエクササイズをすることをおすすめする次第です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。