デューク更家のダイエットは本当に効果があるのか?

スポンサードリンク

少し昔になりますが、

ウォーキングによる健康法を世の中に広めた人物として、

デューク更家さんを思い出す方は多いと思います。

ご本人も非常に引き締まった身体を保たれており、

年齢を感じさせない身体つきです。

彼の考案するウォーキング方法はそれ程難しいものではなく、

比較的手軽にできる方法です。

デューク更家さんのウォーキングで重要な要素は、

歩く姿勢です。

また、デューク更家さんは、

「健康のための運動は、時間をかける必要はなく、

日常生活の「すき間」にやれば良い。

無理すると長続きしない」

などとも助言しています。

そこで、

・デューク更家ってどんな人物?

・デューク更家のダイエットの効果はどのようなものなのか?

についてお伝えしたいと思います。

デューク更家ってどんな人物?

1954年4月10日に和歌山県新宮市で生まれました。

和歌山県新宮市立緑丘中学校、

和歌山県立和歌山北高等学校、

大阪経済大学経営学部を卒業しました。

しかし、間違った歩き方で足を痛めた母親のことを契機として、

ウォーキングについて研究し、

体育学博士(ニューヨーク国際学士院)の学位を取得しました。

ウォーキングドクター デューク更家として、

モナコを中心に仕事を精力的にやられています。

一方、表彰歴として、

日本文化振興会社会文化功労賞をはじめ、

和歌山県文化奨励賞、

2005年より池坊短期大学教授、

2006年4月より出身校の大阪経済大学の客員教授を務めています。

日本だけでなくヨーロッパを中心に世界中に顧客を持ち、

・最期まで自分の足で生きる人生の喜び

・美しく歩いて健康に」

・歩くことで道徳を伝える「歩育」

を提唱し続けています。

デューク更家のダイエットの効果はどのようなものなのか?

スポーツジムのマシンなどで鍛えている筋肉は

「アウターマッスル」が中心ですが、

デュークズウォーキングは「インナーマッスル」

意識的に鍛えることによって、

身体の内側で全身を支え、

様々な動きを円滑にサポートできるようになります。

身体の内側から変われば、姿勢が良くなり、

歩き方も良くなり、内側から確実に痩せ易くなります。

肩関節、腰、股関節、膝、足首をストレッチすることによって、

ウォーキングに必要な関節可動域を広げ、

大きな筋肉やインナーマッスルを動かしやすくします。

これが、ダイエットに効果的な姿勢と歩き方に結びついていきます。

また、長年の身体や歩き方の癖で筋力が

偏っていたり、弱くなっている人は

エクササイズによって、それらの部位を動かすことで

機能を回復させた後、ウォーキングすると

効果が上がると共に、怪我の予防にもなります。

正しいウォーキングをマスターすれば、

代謝の高いウォーキングで生活でき、

「痩せるだけのダイエット以上の効果」

を手に入れることができるのです

これが、真のダイエットウォーキングですね。

最後に、

デューク更家さんのウォーキングダイエットは

継続することが重要です。

毎日、続けられる適度な量のエクササイズをすることです。

デューク更家さんが本の中でも、

「自分の個性を楽しみながら『ええかげんに』続けていくことが大切」

と言われています。

気楽に続けて、美ボディと美ウォークを手に入れたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。