ソファーの汚れ落とし!合皮のやり方!

スポンサードリンク

家族みんなが使うであろうソファー。

ソファーって汗や手垢など

いろいろな原因で汚れてしまうんですよね。

ソファーの汚れを放っておいたり、

間違った掃除の方法をしてしまうと

劣化の原因になってしまいます。

今回は最近人気度が上がっている

合皮のソファーの掃除方法についてご紹介します。

【ソファーの素材によって掃除方法は変わる】

ソファーに使われる素材はひとつではありません。

部屋の雰囲気や

座ったときの肌触りによって

お好みのソファーを皆さん選ばれているでしょう。

ソファーに使われる主な素材は

「布製(ファブリック)」

「合皮(合成皮革)」

「本皮」です。

それぞれの特徴は

布…

(メリット)

肌触りがよい。

温かみがあるので冬でも快適に使用できる。

伸縮性に優れているので様々な人の動きにも対応できる。

(デメリット)

摩擦に弱く劣化が早い。

ほこりやダニがつきやすく、汚れやすい。

合皮…

(メリット)

人工素材なので汚れに強い。

価格もお手ごろ。

(デメリット)

人肌には馴染みにくい。

耐久性が悪い。

本皮…

(メリット)

天然素材なので上質な肌触り。

丈夫で長持ちしやすい。

(デメリット)

メンテナンスが面倒。

水に弱い。

価格が高い。

どのように掃除を行うのかは

つかっている素材によって全く異なります。

まずはどの素材なのかしっかり把握しましょう。

【合皮のソファーの掃除のやり方】

ソファーの代表的な汚れは

大きく分けると水溶性の汚れ油性の汚れに分かれます。

<水溶性の汚れに対して>

水溶性の汚れは

飲み物や食べ物こぼしのシミが代表的です。

水溶性の汚れには中性洗剤を使用します。

中性洗剤をぬるま湯で薄め、

柔らかい布に浸したら軽く絞ります。

それを使ってソファーをたたくようにして汚れを落とします。

ひどい汚れの部分には

柔らかい歯ブラシを使い

軽くこすって汚れを落とすようにします。

最後に乾いた布で拭き取ります。

洗剤成分が残るとシミになってしまうので

しっかり拭き取るように注意しましょう。

<油性の汚れに対して>

油性の汚れは

皮脂や化粧の付着や子供の落書きによるものが代表的です。

油性汚れには消毒用エタノールを使用します。

まずソファーを水拭きと乾拭きします。

消毒用エタノールを乾いた布やコットンなどに軽く浸し、

ソファー全体を拭きます。

そのあと、クリームクレンザーを指に少量つけ

円を描くように擦りながら汚れを落としていきます。

乾燥したら最後にしっかり水拭きします。

合皮は水が染み込む心配がないため、

洗剤なども使用することが出来ます。

布製や本皮の掃除には

この方法は使用できませんのでご注意ください。

合皮の場合、

毎日乾拭きするだけでも

十分汚れの予防になります。

お気に入りのソファーを長持ちさせるためにも、

しっかりお掃除やメンテナンスをしてあげるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。