一日の疲れをリセットしたくない?アロマオイルinお風呂の方法と注意点は?

スポンサードリンク

入浴するだけで、

血行促進して新陳代謝を高めると同時に、

筋肉の緊張や疲れを緩和してくれる効果があります。

さらに、その風呂にアロマオイルを加えることで、

より一層の効果が期待できます。

そこで、お風呂でアロマオイルを正しく使う方法と

そのときの注意点についてご紹介します。

アロマオイルinお風呂の正しい方法とは?

アロマオイルの芳香を加えたアロマバスには

全身浴だけでなく5種類の楽しみ方があります。

その方法は

・全身浴

・半身浴

・手浴

・足浴

・座浴

の5つです。

その楽しみ方をもう少し詳しくお話しします。

全身浴

38度の少しぬるめのお湯に5滴以下の精油を加えます。

十分にかき混ぜてから肩まで浸かります。

ゆっくり深呼吸しながら入浴すると

精油の効能を高められるかもしれません。

また、忘れずに精油と一緒にキャリアオイル5mlを入れてください。

特に、敏感なお肌の方は注意が必要です。

半身浴

半身浴はみぞおちくらいまで身体を浸け、

30分以上身体を温めます。

後は、全身浴と同様です。

手浴

洗面器や洗面台のシンクにお湯をはり、

2~3滴の精油を入れ両手首まで浸します。

手や指を軽く揉み解すことによって、

上半身の血行をよくします。

風邪気味の時やちょっと気分転換したい時におすすめです。

足浴

足のくるぶしまで入る程度の深さがあるバケツなどに、

少し熱めのお湯を入れて2~3滴の精油を加えてよくかき混ぜます。

くるぶしの上ぐらいまでお湯に浸け

10分程度経過すると、身体全体が温まってきます

座浴

痔や膀胱炎、便秘、産後の会陰部などのケアによく使われる、

お尻だけを浸ける入浴法です。

自分のお尻が十分に入る、

ゆったりサイズのたらいにお湯を入れ1滴の精油をたらし、

よくかき混ぜます。

そこに、5~10分程度お尻だけをたらいに浸けます。

アロマオイルをお風呂に入れるときの注意点とは?

アロマオイルをお風呂(お湯)に入れる時の注意点をまとめました。

事前のパッチテスト

お肌の敏感な人はもちろんですが、

身体の目だたない部分で必ずパッチテストを実施してください。

適量のアロマオイル

たくさんの香りを楽しみたいからと言って

規定量よりも多く使用しないでください。

アロマオイルの刺激で肌のトラブルの原因になることがあります。

3歳未満の乳幼児は使用厳禁!

刺激があるので、3歳以上でも肌の状態を見ながら

注意深く調整して使ってください。

キャリアオイルで希釈

必ずキャリアオイルで薄めて使うようにしてください。

最後に、いかがだったでしょうか。

アロマオイルによるアロマバスの楽しみ方は

全身浴など5つの楽しみ方がありました。

精油とキャリアオイルをうまく使って、

アロマバスを楽しんでください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。