家にあるもので簡単に湿気取り!?重曹で湿気が取れるんです!

スポンサードリンク

梅雨の時期は家の中の押入れやクローゼットなどが

ジメジメして嫌な気分になります。

エアコンの除湿や除湿機を使って

除湿すればいいのかもしれませんが、

電気代が気になって動かせませんよね。

安くて簡単にできる方法はないのかと

いろいろ調べている中で、

竹炭と重曹というキーワードを見つけました。

竹炭もよさそうなんですが、汚れが気になります。

その点、「重曹」なら、掃除とかにも使えるし

汚れも気にならないのでよさそうです。

その「重曹」について、

・重曹の湿気取りの効果とは?

・重曹で湿気取りのやり方とは?

を紹介します。

重曹の湿気取りの効果とは?

重曹は、料理や掃除に使え、消臭効果や洗浄効果もあり、

おまけに湿気取り効果も期待できるという優れものです。

通常サラサラの重曹は、

湿気を吸うと重曹の粒が固まりになるので、

1~2カ月程度で取り換える必要があります。

実をいうと、重曹にはそんなに湿気を取る効果はないのですが、

消臭効果と抗菌効果があることで

湿気取り効果を補っているのかもしれません。

それに、湿気を吸った重曹は、

専用の除湿剤のようにゴミで捨てることはなく、

掃除などに再利用できるので便利です。

無駄がありませんね。

重曹には主に「薬用」「工業用」「食用」の3種類あります。

「工業用」は低い純度なので湿気取りにはあまり向いていません。

家庭で使うならば、多種多様な使い道ができるように

「食用」が一番便利だと思います。

和室、クローゼット、タンス、押入れなど

湿気の多そうな場所の低い箇所におくとよいです。

重曹で湿気取りのやり方とは?

重曹を使った湿気取りの作り方とやり方をお伝えします。

まず、作り方ですが、準備するものは

・重曹、

・トレーや果実酒用瓶などの容器、

・アロマオイルや香水など、

・ガーゼや薄い布地などカバーになるもの

空気に触れる面積を増やすために、

できるだけ平らな容器に重曹を入れて、

好みのアロマオイルや香水などを数滴落とすとよいです。

また、重曹をうっかりこぼさないように

ガーゼなどでカバーをかけ蓋をし、

輪ゴムやリボンなどで止めれば大丈夫でしょう。

蓋ができないような容器の場合、

重曹をお茶用パックに入れたものを容器に入れるとよいです。

このように、重曹の入った容器は

湿気が多そうな場所の下の方に置くことがポイントです。

そして、重曹の固まりができたら、

こまめに重曹を変えることです。

置く場所によって、重曹の固まり時間がちがうと思いますので、

その辺は臨機応変に重曹を置き換えましょう。

最後に、

重曹を使った湿気取りの効果ややり方について解説しました。

市販の湿気取りや除湿機などを使うのもいいですが、

多様な使い方のできる重曹、

経済的でゴミにもならない重曹

を使ってみてもよいのではないでしょうか。

ぜひ試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。