かわいいミニチュアフードの作り方!え、100均でできちゃうの?

スポンサードリンク

趣味のない人は趣味を持っている人がイキイキしているのを

すごく羨ましく感じていることが多いと思います。

手芸なら手軽にできて良さそうですが、

材料を揃えるのに手間がかかったりお金がかかったりするので、

二の足を踏んでいるのではないでしょうか。

そういうことをあまり心配なくできるのが、

ミニチュアフードを作ることです。

ちょっと手が器用な方なら、なお更向いています。

そこで、ミニチュアフードを

100均ショップでどのように材料を揃え、

作れるのかを探ってみました。

100均商品をどうやって使うの?

初心者向けミニチュアフード「目玉焼き」

をひとつの例としてあげて、説明したいと思います。

用意する材料

・樹脂粘土(白)

・水生ペン(黄色、赤色)

・木工用ボンド

・貼りつかない下敷き(プラスチック板やクッキングシート等)

・つまようじ

・ニス

・ニス用の筆

上記のものはすべて100均で揃えられます

作り方

1)黄身の部分を作ります。

少量の白い樹脂粘土を取り、

時間をかけてじっくりと捏ねます。

捏ねながら、黄色の水性ペンを粘土の玉に押し当てるようにして

チョンチョンとつけ混ぜます。

リアル感を出すためにほんの少し赤色を足してもよいです。

着色ができた後、指で丸めます。

その丸めた粘土を貼りつきにくい下敷きの上にのせ、

おいしく見えるように上から軽く押さえます。

それを風通しの良いところで乾燥させてください。

2)目玉焼きのベース部分を作ります。

黄身のサイズや個数に合わせて、

白い樹脂粘土の量をとり、しっかり捏ねます。

下敷きの上で目玉焼きのベースとなるように

自由な形で平たくします。

3)黄身と目玉焼きのベースを合体させます。

ベース上で、黄身の載せたい場所を

つまようじのお尻部分を使って、くぼませます。

それができたら、

くぼんだ場所につまようじの先端を使って

木工用ボンドを少しつけて、乾燥した黄身を載せます。

4)白身の縁部分にギザギザ感をつけます。

つまようじのお尻を白身の縁部分に沿って

軽く押し付けていきます。

その後は、十分に乾燥させてください。

5)完全に乾燥したら、焼き色の仕上げをします。

薄い色(肌色、黄土色など、セットに入っている茶色系の一番薄い色)

の水性ペンを、白身のフチに沿って薄く薄く、

何度も重ね塗るように塗っていきます。

薄い色を塗り終わって物足りなければ、

茶色を少し足します。

最後に、乾いた後、ニスを塗って乾かして完成です。

以上のように目玉焼きを例に説明しましたが、

これが基本です。これをベースに他のサイトを参考に

作成を経験していけばドンドン上達することでしょう。

用途別100均商品!こんなときにはこれを使おう!

材料の商品別に使い道をご紹介します。

軽量紙粘土

クッキーやアイス、パン、ドーナッツなど

を作るのに欠かせない軽量粘土です。

樹脂粘土

乾燥するとプラスチックのような

ツルンとしてしっかりした作品が作れるので、

一番よく使う材料です。

おゆまるくん(プラスチック粘土)

ゼリービーンズやキャンディのような

透明な作品に適しています

特に同じ大きさ同じ形のパーツがたくさん必要な場合は役立ちます。

木粉粘土

クッキーやチョコアイスなどの

自然な感じを出したい作品に向きます。

石粉粘土

主に食器やオーナメントにおすすめです。

ホイップ粘土

そのまま生クリームのように絞って使えます。

スイーツ用パーツ

イチゴやブルーベリー、スライスバナナなど

数えきれない程のフルーツパーツがあります。

デコソース類

チョコソースやストロベリーソースなど、

そのまま絞れば簡単にソースが表現できる便利な商品です。

絵の具・ニス・仕上げ剤

水性ニス、接着剤、木工用ボンドは

ショップによる差が少ない製品です。

透明なジェルやソースを表現するのに使用する

UVレジンの素材も、

最近はカラー物が豊富に揃ってきています。

最後に、100均ショップはほとんどの町にあると思います。

また、商品も品質も以前よりすごく充実していると感じています。

探せば、使えるものが何かあるというところです。

ミニチュアフードを始めるなら、

100均の商品は外せないでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。