暖房で窓にビショビショ結露が…!部屋の湿気対策をしよう(冬編)

スポンサードリンク

暖房を使うとどうしても窓際に結露が…

放っておけばカビも発生してしまいますよね。

でもだからといって毎回拭き取るのも大変です。

今回は結露を気にせず安心して暖房を使えるための

湿気対策をご紹介します。

暖房の影響での結露のメカニズムとは?

なぜ暖房をしようすると結露って出来てしまうのでしょうか?

結露が出来るポイントは2つ。

まず1つは室内に湿気が多いこと。

2つめは室内の気温と外気の気温に差があること。

この条件がそろうことで結露は生じてしまうのです。

空気中に含めることの出来る水分量は

温度によって変わっていきます。

温度が高ければ水分量は多くなり、

低くなれば水分は放出され少なくなります。

暖房を使うことで室内の温度が上がり

水分量は徐々に増えていきます

室内と外気の温度差も徐々に広がっていくため

結露が生じやすい環境が出来上がってしまうのです。

特に窓ガラスは外と接しているため冷えやすく、

水蒸気が集まりやすいため

ひどい結露になりやすいのです。

湿気対策の効率的な方法やアイテムをご紹介

1番簡単な湿気対策は換気です。

換気することで室内に溜まった水分と

外の乾いた空気と入れ替えます。

窓を開けられない場合は

換気扇を使うことも有効です。

換気はお金もかからないですし、

簡単に行えるのでこまめに行うことをおすすめします。

除湿をするアイテムとして1番に思い浮かべるのは

「除湿器」という方もいらっしゃるでしょう。

除湿器を使うことで

簡単に室内の湿気を取り除くことが出来ます。

除湿器を使うときは

室内を締め切って使うようにしましょう。

ドアや窓などを開けておくと

思うように除湿ができにくくなります。

より広い範囲を除湿しなくてはいけなくなり、

除湿が追いつかなくなります

除湿器を使っているのにあまり効果を感じていない

というかたは、ちゃんと部屋を閉めきっているか

確認してみてください。

他にもとくに結露がひどい窓際に

断熱シートを貼っておくという対策もあります。

断熱シートを貼ることで温度差が解消され、

結露ができにくくなります。

貼っておくだけととっても簡単で人気のアイテムです。

他にも結露対策のアイテムはたくさん販売されています。

貼っているだけで結露の水分を吸収してくれるシート

カビ予防にもなりますし、

木部の腐りも防止してくれます。

シートをはがすときも

粘着部分が残らないような仕組みにもなっており

安心して使用できます。

また最近ではスプレーを窓に吹きかけることで

結露の水垂を防いでくれるアイテムも人気です。

お掃除にも使えるので取っても便利です。

1度の使用で1か月は効果が持続するため

頻繁にやらなくても大丈夫な点も人気の理由です。

結露を放っておくと

壁やフローリングも傷んでしまいますし、

カビが発生すれば健康被害にもなりかねます。

暖房を使用すれば結露が生じてしまうことは

しょうがないことです。

湿気対策をしっかり行い

部屋に出来る限り湿気がこもらない対策をしていきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。