クローゼットやタンスの湿気取りに効果的な方法とは?

スポンサードリンク

洋服をしまってあるクローゼットやタンス。

実は湿気取りなどを使ってちゃんと除去しないと

洋服がだめになってしまうって知ってました?

今回はクローゼットやタンスの湿気取り

効果的な方法をご紹介します。

湿気を取らないとこんなことになってしまう!

室内と外気温にかなり差があると結露が生じます。

この結露はよく窓際などで見ることがあると思いますが、

結露が生じるのは窓際だけではないんです。

実はクローゼットやタンス内にも

結露は生じてしまうのです。

気づかず放っておくと

衣服が結露によって湿ってしまい

カビなどの雑菌が繁殖してしまうのです。

クローゼットやタンスなどは

普段密閉されている状態が長いと思います。

密閉することで空気の循環も悪くなり、

ほこりもたまりやすくなります。

そういった環境はもっともカビが好む場所で、

どんどんカビは繁殖していきます。

とくにお風呂などでもみる黒カビは

洋服についてしまうと落とすのはとっても大変になります。

最悪大切な洋服でも

処分しなくてはいけなくなる場合もあるのです。

湿気取りの効果的な置き場所は?

最近はおいておくだけで

湿気取りができるタイプのものが増えています。

とっても簡単に湿気を取ることができるので

おススメです。

湿気取りの効果的な置き場所は

なるべく下に置くということです。

湿気は水分なため空気よりも重くなります。

窓にできた結露を思い浮かべてもらうと

わかりやすいと思いますが、

窓の結露は下のほうにたくさんできていますよね。

このような状態が

クローゼットやタンスの中でも起きているのです。

その為湿気を集めるには

なるべく下に湿気取りを置くことがおススメです。

クローゼットであれば床に置くようにし、

タンスであれば洋服の1番下に置くようにします。

また湿気取りを使用する場合

湿気取りの吸い込み口をふさいでしまうと

効果が発揮できなくなってしまうので

そうならないように注意しましょう。

他にも湿気をためないために

洋服をクローゼットやタンスに入れすぎない

ということも大切です。

服をギューギューに詰め込むと

湿気が逃げれなくなり

洋服に染み込むしかなくなってしまいます。

なるべく隙間を空けて

湿気が逃げれる場所を作ってあげましょう。

大切な洋服を守るためにも

クローゼットやタンスの湿気取りは大切になってきます。

しかし湿気取りを高いところに置くなど

使い方を間違えると

全く効果がないものになってしまうこともあります。

効果的な方法をしっかり確認し、

大切な洋服を湿気から守っていきましょう。

湿気取りは置くだけととっても簡単です。

まだ使っていないという方はぜひ1度お試しを。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。