エアコンの電気代って冷房よりドライのほうが高いってホント?

スポンサードリンク

湿度を下げたいときに使用する

エアコンの除湿(ドライ)機能。

除湿機能は冷房を使うよりも

電気代が高くなってしまうそうですが、

それって本当なのでしょうか?

確認しておかないと損をしてしまうかもしれません。

今回はエアコンの除湿機能の電気代についてご紹介します。

冷房、弱冷房除湿、再熱除湿のメカニズムとは?

冷房と除湿の1番の違いは

何を最優先に行うかという点です。

冷房の場合は室内の温度を下げるということ、

除湿の場合は室内の湿度を下げるということ

を最優先に行います。

冷房も除湿も室内の温度を下げる

ということは変わりはないのですが、

冷房は集中して室温を下げるのに対し、

除湿は湿度を下げるということがメインなため

室温を下げることは微弱な力でしか行われないのです。

また除湿の中にも

「弱冷房除湿」

「再熱除湿」

の2種類があります。

あまり馴染みのない名前ですよね。

まず弱冷房除湿ですが、

弱冷房除湿は室内の湿度を下げるために

一度空気を取り込み、取り込んだ空気を冷やします。

冷やすことで空気内の水分を除去

その空気を室内に戻していきます。

弱冷房除湿とは

温度も下げながら湿度も下げていくという機能です。

蒸し暑い雨の日など湿度も温度も下げたい

というときに使用するのがおススメです。

再熱除湿は室内の空気を一度取り込み、

取り込んだ空気を冷やします。

ここまでは弱冷房除湿と同じですが

水分を取り除いた後、

再度暖めなおしてから室内に戻すというところが違う点です。

再熱除湿とは

部屋の温度を下げることなく除湿するという機能です。

まだ気温が低い梅雨時期など、

肌寒いけど湿度を下げたいというときに

使用するのがおススメです。

冷房、弱冷房除湿、再熱除湿の電気代を比較してみた!

冷房、弱冷房除湿、再熱除湿の電気代を比べる

1番低いのは弱冷房除湿、次に冷房、1番高いのは再熱除湿です。

再熱除湿が高くなってしまうのは、

やはり空気を暖めて直すという点です。

冷房に比べても暖房の電気代は高くなってしまいますよね。

除湿するだけでは電気代はそれほど高くならないのですが

暖めなおすことで電力はかなり消費されるため、

電気代が高くなってしまうのです。

冷房はもちろん弱冷房除湿も再熱除湿も

必要な機能だからこそエアコンに搭載されています。

再熱除湿は電気代は他の機能と比べると高くはなりますが

必要なときのみ使用することで、

電気代が高くなることを抑えることができます。

それぞれの機能をしっかり理解し、

それぞれの機能にあったタイミングで

うまく活用していきましょう。

機能をしっかり把握することも

電気代の節約につながっていきますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。