白髪はストレスが原因!?生える場所ってどこなの?

スポンサードリンク

鏡を見ていたら髪の毛に白髪が…

白髪があると

なんだかとても年を取ったような感覚になりますよね。

白髪ってどうして出来てしまうのでしょうか?

ストレスをたくさん感じる

白髪が出やすくなると聞きますが、

それは本当なのでしょうか?

今回は気になる白髪について調べてみました。

白髪が生えるメカニズムとは?

皆さん加齢によって白髪が生えてくる

と思っていませんか?

もちろん加齢は白髪の原因でもありますが、

実は私たちの髪の毛はもともとは白髪なんです。

髪の毛は毛母細胞というところで作られています。

そこにメラノサイト(色素細胞)から作られる

メラニン色素が加わって黒色になっているのです。

メラニン色素はまんべんなく髪の毛に点在し、

それによって髪の毛は黒く見えているという状態なのです。

このメラニン色素が

何らかの原因によって作られなくなると

髪の毛は色素を失い、もともとの白髪が出てきてしまうのです。

白髪が出てしまう原因は色々ありますが、

その中でも良く言われているのがストレスです。

短期間に過剰なストレスを感じたことで、

ほとんどの髪が白くなってしまった方がいる

という話もあるほどです。

ストレスを感じると私たちのカラダは緊張状態になり、

筋肉がうまく収縮されないために

血行が悪くなったり、

自律神経が乱れてしまうようになります。

その状態が続くと髪に栄養が行き渡らなくなり

健康的な髪が作られず白髪が出てきてしまうのです。

メラニン色素が作られるメラノサイト自体が

ストレスにかなり弱いともいわれており、

ストレスを少しでも感じると

正常な働きが出来なくなり白髪が生じやすくなってしまうため、

白髪の1番の原因は加齢よりもストレス

という認識が増えてきているようです。

白髪が生える場所とは?

実は特に白髪が集中して生える場所がある場合は

何かしらのカラダの不調があるかもしれないのです。

・つむじ…肺や心臓の不調

・頭頂部…胃の不調

・頭頂部右…腎臓の不調

・頭頂部左…肝臓の不調

・前頭部…肛門の不調

・額やこめかみ…目の疲れ

・耳の周り…歯や歯茎の不調

・後頭部…生理不順・不妊

加齢やストレスによってメラノサイト機能が低下し

白髪は出やすくなりますが、

もしも特に集中して出る部分があったら、

身体に不調や病気を抱えている可能性もあります。

もし思い当たる節があるようでしたら

病院に行って診察してもらうと良いでしょう。

白髪を作らないためにも

メラノサイトの機能を低下させないこと

大切になってきます。

メラニン色素は寝ているときに作り出されています。

睡眠の質も悪いとメラニン色素の生成も悪くなってしまいます。

まずは質の良い睡眠をとることを心がけ、

しっかりストレス解消できる環境づくりをしましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。