要チェック!ウールを洗濯する時の縮み対策!

スポンサードリンク

寒くなるとウールのセーターや

カーディガンが恋しくなります。

冷たい北風がピューピュー吹く日も、

お気に入りのウールのセーターを着ていれば

身も心もぽかぽかですね。

でも、お気に入りのウールのセーターや

カーディガンなどを洗濯したら縮んでしまって大ショック

という経験はありませんか?

ウールが縮んでしまうのは洗い方に原因があります。

何故、ウールが洗濯をすると縮んでしまうのか?

その理由と正しいウールの洗い方を説明します。

そもそもなぜ縮んでしまうのか

そもそもウールを洗濯すると、

なぜ縮んでしまうのか?

その原因は、ズバリ「水洗い」です。

それでは、なぜ水洗いをするとウールが縮んでしまうのか?

その理由はウールが水に弱いこと。

動物性の繊維は拡大するとウロコ状になっていて、

これをスケールと言います。

乾いているときには閉じていますが、

濡れると開いてしまいます。

このときに、繊維と繊維(スケールとスケール)が擦れて

絡み合ってしまい、縮んでしまうのです。

この状態を「フェルト化収縮」と言います。

ウールを洗濯する時のポイント

それでは、ウールは家で洗濯はできないのか?

と思ってしまいますが、

縮ませないでウールを洗濯する方法はちゃんとあります。

正しい洗い方をすれば、

お気に入りのウールのセーターなどが縮んでしまう

なんてことはありません。

最初に付いている取扱絵表示を確認しましょう。

手洗いOKとなっていれば、

家で洗濯をすることができます。

ここで手洗いできない表示や、

ウール100パーセントのものは

縮む可能性が高いので

クリーニングに出すことをおすすめします。

次に洗面器や洗面台などに

取扱絵表示に表示されている温度のぬるま湯をため、

その中におしゃれ着用洗剤などの

ドライマーク用の洗剤を溶かし入れる。

やさしく押し洗いをする。

(揉み洗いや、擦り洗いはしない方が良いでしょう)

洗い終わったら、

やさしく濯いでしっかりと水気(タオルドライ)をとる。

あとは、形を整えて日干しにする。

(ハンガーを使うよりも、

セーター用の平らに干せるネットを使うことをおすすめ)

これで、自宅でもお気に入りのウールのセーター類を洗うことができます。

まとめ

正しい洗い方をすれば、

ウールも自分で洗うことができます。

この方法を知っていたら、

お気に入りのウールのセーターを縮ませることもなかったのに

と思っている方はいませんか?

あきらめる前に、復活させる方法も試してみてください。

ぬるま湯に髪用のトリートメントを溶かして、

その中に20~30分つけ置きしてから

タオルドライをして形を整えてから陰干し。

これで、復活できる可能性がありますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。