疑問を解消!ボーナスなしの会社は危ない?転職を考えるべき?

スポンサードリンク

日本の多くの企業は、

賞与やボーナスという制度があります。

支給するタイミングは、

「夏と冬の2回」や「年1回」だったりします。

また、支給額は大体給与の数か月分に相当する額をいただけるので、

経済的にもある程度計算でき、助かります。

しかし、世の中には非正規雇用の人や業績の悪い企業は、

「賞与やボーナスなし」という悲しい現実もあります。

そこで、

・転職を考える基準としてボーナスがあるかないかが基準になる?

・転職をする際に気を付けておくべき3つのポイント

のポイントについて考えてみたいと思います。

転職を考える基準としてボーナスがあるかないかが基準になる?

ボーナスや賞与を支給している会社は約6割なので、

支給していない会社は約4割ということになります。

ボーナスや賞与を支給していない会社とは

どういう状況なのかを考えてみます。

最初に考えられえるのが、

会社の経営状況が芳しくないため、

ボーナスなどを支払う余力がないということです。

つまり、倒産の可能性のある会社と思ってもよいでしょう。

会社倒産となると、

給与未払いのまま社長が夜逃げし、

突然生活が困窮状態になるリスクが考えられます。

非常に不安定な状況に陥ります。

人間は安定した将来や定収入を求める傾向があると思うので、

ボーナスや賞与が支給されない会社は

不安定で倒産リスクが高いと考えて、

早急に転職などの対策を考えた方が良いと思います。

転職をする際に気を付けておくべき3つのポイント

東京証券取引所上場企業

上場している企業は

厳しい審査の末に登録されているため、

大手の企業が多く健全性もあると言えるでしょう。

更に、株を買ってもらうことで

資金が集まりやすいため、

ボーナスや賞与を支給できる企業が多いです。

また、経営状況を株主総会などで公開するため、

経営状況の透明化も行われています。

近年の経営状況を確認

上場企業だからといって、油断はできません。

最近5年間程度の経営状況を調べて、

利益を順調に上げているかや

事業縮小していないかなどを

確認しておく必要があるでしょう。

もしその辺りの状況がよくなければ、

転職先として考え直すべきだと思います。

労働組合があること

労働組合が存在しない会社は要注意です。

労働組合があることで、

会社と対等に給与やボーナスなどのアップ交渉を

毎年行ってくれるからです。

労働組合がないと、

自分で会社側と交渉するのはなかなか難しいでしょう。

特に、「ワンマン経営の企業」はなお更ですね。

最後に、

ボーナスや賞与をもらうことで、

仕事へのモチベーションがあがると共に

あなたの人生も変わるかもしれません。

最近では、転職は自分のスキルアップや

年収アップなどのために

当たり前の世の中になっていると思います。

一企業に固執することなく、

早いうちにボーナスや賞与が支給される企業に就き、

仕事やマイライフがプラスの方向に向いていくことを願いたいです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。