ゴールデンウィークに1人旅するのにおすすめなスポットは?

スポンサードリンク

新年度が始まり、

新しい環境にも慣れて少し落ち着いた頃に

ゴールデンウィークに入ります。

そんなとき、ふと無計画で一人旅をしたい

と考えたことはありませんか。

私自身も遠い昔ですが、

受験が終わりホット一息ついた大学生時代に経験しました。

まぁ、今じゃネットなどで簡単にホテル予約などができるので、

私の頃の昔よりは気軽に出かけられますね。

そこで、

・時間がある時に1人旅するのにおすすめなスポットはどこ?

・1人旅をするメリットとデメリットとは?

というポイントで一人旅行について考えてみたいと思います。

時間がある時に1人旅するのにおすすめなスポットはどこ?

ひとり旅のおすすめスポットを5つ紹介します。

<北海道 知床>

知床半島は、人の手が入っていない自然の姿が

ありのままに残っている貴重な土地で世界遺産に登録されています。

多種多様な生き物の姿や自然美が目の前に広がり、

自然の中で小さな自分自身に気づくかもしれません。

知床半島は途中から道路が開通していないので、

半島の先まで行くなら知床観光船を利用することになります。

大型から小型の観光船まで

いろいろな観光船が運航しているので、お好みで。

グルメは、「ほっけ」をおすすめします。

広島県 厳島神社

約1400年の歴史を誇り、

平安時代の寝殿造りによる建築美を現代でも堪能できる

数少ない建造物のひとつです。

本殿から少し離れた所の海の中にある鳥居の朱と

海の青のコントラストが神秘的で美しいです。

また、干潮時には鳥居まで歩くこともできます。

グルメは、広島なのでもみじ饅頭やカキが定番ですが、

「あなご飯」もおすすめです。

山口県 秋芳洞

秋吉台の地下100m、長さ8.9kmにおよぶ

国内最大の規模を誇る鍾乳洞である秋芳洞は、

年間を通して17度前後の温度で、

夏は涼しく冬は暖かく感じられ、

どの季節でも訪れやすいです。

洞内には、自然が長い時間をかけて

現在の神秘的で美しい姿を作り上げた数々の柱や、

「百枚皿」と言われる段々畑のような石灰華段は見ものです。

山口なので、

おすすめグルメはフグ料理と言いたいところですが、

ちょっと変わった「瓦そば」がおすすめです。

大分県 別府地獄めぐり

別府温泉が有名なので、

一人旅の疲れを取るのも最高です。

別府市には地獄と呼ばれる源泉がいくつかあります。

赤色の「血の池地獄」やコバルトブルーの「海地獄」など

地獄によって色合いが異なるので、

地獄めぐりが楽しいです。

おすすめグルメは、お酒との相性抜群の「かも吸い」です。

沖縄県 宮古島

宮古島は沖縄の離島の中でも人気が高いです。

透き通った海と真っ青な空、真っ白な砂浜があなたを迎えてくれます。

国内有数のダイビングスポットなので、

ダイビングできる人にはうってつけでしょう。

おすすめグルメは、

ゴーヤチャンプルやラフテーが定番です。

1人旅をするメリットとデメリットとは?

一人旅のメリットとデメリットを考えてみます。

メリット

・自分のペースで場所や予定を決められる

・質素な旅行ができる

・自分とじっくりと向き合える

・旅行での出会いがある

・他人の空気を読む必要がない

デメリット

・思い出を他の人と共有できない

・すべて自己責任になる

・ふと寂しくなることがある

・様々な危険が多い

・一人なので宿泊費が高くつく

最後に、

1人旅は2人以上の旅行とは違う雰囲気を味わえますが、

気苦労も多くなります。

その辺りは上手に使い分けると、

楽しい旅行ができると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。