冬の必需品ウールコート!なんと自宅の洗濯機で洗える!?

スポンサードリンク

コートの季節になってから、

うっかりクリーニングに出し忘れてた!

通勤で汚してしまった!ってときなど、

自宅で洗えたらいいのにと思いますよね。

ウール製品は自分で洗うのは難しそう、

失敗して形が崩れてしまうのも困る。

誰でもそう思いますよね。

でもね、ウールコートって自宅の洗濯機でも洗えるんです。

洗濯機でのウールコートの洗い方

まず、ウールコートを洗濯機で洗う前に

確認することがあります。

ウールコートについている絵表示です。

洗濯機OK、手洗いマークがついていたら

洗濯機で洗えます。

もし、水洗いはできないマークがついていても、

ウールは洗えるので大丈夫です。

そして、洗剤は「おしゃれ着用洗剤」を使用します。

1.ポケットの中のものを出して、

装飾品がついていたら外します。

2.汚れが付きやすい襟、

袖口や目立つ汚れがついてしまった箇所に

洗剤を塗ってかるくブラシなどで汚れを落とす

3.ウールコートを裏返しにして、

整えてから洗濯ネットに入れます。

4.洗濯機のドライコースか手洗いコースで洗う

5.洗濯が終わったら、

しっかりと形を整えて風通しの良いところに干す

出来れば、ハンガーにかけるよりも平干しをすると良いでしょう。

最近では100円ショップでも平干し用のネットがあります。

6.完全に乾いたら、

スチームアイロンで軽くスチームを当てながら

シワを伸ばします。

これで終了です。

想像していたよりも簡単に出来たでしょ?

でも、どうしても洗濯機を使って洗うのは心配

という方は手洗いをしてみてはいかがでしょう。

こちらも簡単です。

ウールコートは大きいので、

大きなタライなどがあればいいのですが、

なければお風呂の浴槽などを利用する方法もあります。

1、2、は洗濯機で洗うときと同じです。

タライや浴槽に水をはり、洗剤を溶かし入れます。

形を整えたウールコート(洗濯ネットは必要なし)を入れて

15分ほど放置してから、洗剤をすすぎます。

すすぎ終わったらきちんと畳んで洗濯ネットに入れて

洗濯機で1~2分脱水します。

あとは、洗濯機で洗ったときと同じです。

ウールコートを洗濯機で洗う時の注意点

干すときは風通しがよい場所に干すと良いでしょう。

途中で形を整えることをお勧めします。

平干し用のネットがおすすめですが、

どうしてもネットを置く場所がない場合などはハンガーで良いです。

ウールコートは重さがあるので、

細い針金などのハンガーは避けて

太さのある丈夫なハンガーを使用すると良いでしょう。

まとめ

自宅で簡単に洗えるといっても

やはりウール製品は扱いが難しいところがあります。

自信がない場合や高価だったりしたものは

クリーニングに出したほうが安心です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。