冷蔵庫をどうしよう?引っ越しでコンセントのオン・オフのタイミング

スポンサードリンク

引っ越しの準備をしていると、

どのタイミングで何を詰めたり、

動かしたりしたら良いのか悩みますよね。

とくに食べ物を入れておく冷蔵庫。

直前まで料理をすることもありますし、

前々から電源を切っておくことも出来ないですよね。

冷蔵庫って引っ越しの何時間前くらいに

電源を抜いておくのがベストなのでしょうか?

今回は引っ越し時の冷蔵庫の取り扱い方法や

タイミングについてご紹介します。

冷却機の霜を溶かせ!コンセントを抜くのは引っ越しの何時間前?

冷蔵庫の引っ越し準備としてやらなくてはいけないことは

「霜取り」です。

もちろん冷蔵庫内を空にするために、

残っている食材なども全て消費しておくように

計画をたてて調理していくようにしましょう。

霜取りをすることを考えると

引っ越しする前日にコンセントを抜いておくのがベストといえます。

コンセントを抜いたあとは

冷蔵庫のドアを開けっ放しにして

霜を溶かしやすい環境を作ります。

製氷機内の氷や蒸発皿の水も

コンセントを抜いたタイミングで捨てるようにしましょう。

霜が解けると冷蔵庫内に水が溜まって

水浸しになってしまうことが考えられます。

水浸しにならないためにも

タオルなどを置いておくと良いでしょう。

引っ越し当日は冷蔵庫内をしっかり確認し、

乾いた布やタオルを使って

残った水分などをしっかり拭き取るようにしましょう。

新居に運び込まれてすぐはダメ!コンセントを入れるのに時間を置く理由

新居に引っ越ししたあと、

すぐに冷蔵庫のコンセントを入れないほうが良い

というのはご存知でしょうか?

冷蔵庫の内部は冷やすために

様々な液体、気体、油などが入っています。

引っ越しのときに振動や横に傾けてしまうことで

冷蔵庫内部が不安定になってしまうのです。

その状態で電源を入れてしまうと、

うまく稼動せず故障してしまうということが考えられます。

そのため時間を置いてから

コンセントを入れるようにするといわれているのです。

コンセントを入れるタイミングは

引っ越しで運ばれてきてから

1時間から2時間ほど置いてからが良いでしょう。

運ぶときにもなるべく横に傾けないように気をつけながら、

縦に近い状態で運ぶように注意しましょう。

電源を入れたからといって

冷蔵庫はすぐに冷えるわけではありません。

冷蔵庫が冷えるまでには

4~6時間はかかるといわれています。

引っ越しをする上で様々なタイミングを考えるうえで大切なのは

時間を逆算して考えるということです。

冷蔵庫のコンセントを抜くタイミングも

霜取りにかかる時間を逆算して考え、

前日がベストということが考えられます。

食材を買出しにいく場合も

冷蔵庫が冷えていないと食材を入れることが出来ないので、

冷える時間を考えて食材の買出しに行くようにしましょう。

他の電気機器などのコンセントを抜くタイミングも

逆算しながら計画を立てることをおススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。