今さら聞けない!しめ縄の処分方法はどうすれば良いのか?

スポンサードリンク

しめ縄はお正月に使います。

飾り始めは正月前の12月28日か30日で、

飾り納めが松の内の1月7日に取り外します。

最後は、1月15日の「どんど焼き」で

焼き納めをするのが一般的です。

この通りにできればよいのですが、

都会に住んでいたりすると「どんど焼き」をすることは

困難になっていることが多いと思います。

そんな時どうすればよいのでしょうか。

そこで、

・しめ縄はどんな時に使うのか?

・しめ縄の適した処分方法とは?

について調べてみましたので説明したいと思います。

しめ縄はどんな時に使うのか?

元来、お正月の行事は、

新年の神様である年神様をお迎えするための行事です。

年神様は各家にやってきて、

生命力や幸福を授けてくださると言われています。

お正月が近づくとしめ縄やしめ飾りが施されるのは、

年神様を迎える準備をするためなのです。

それでは、しめ縄はどんな時に使うのでしょうか。

しめ縄は神様を祭るのにふさわしい

神聖な場所であることを示すために飾ります

神社は当然ですが、

山などにある大きな岩や巨木、海の奇岩、滝などに

しめ縄が飾られるのはそのためです。

また、しめ縄が神の領域と現世を隔てる結界となり、

その中に不純なものや災いをもたらすものが

入らないようにする役目を果たす場合もあります。

神社に張り巡らされているしめ縄は、

その内側より神の領域であることを示しており、

場所によっては限られた人しか入れないこともあります。

しめ縄の適した処分方法とは?

お正月に使ったしめ縄の処分方法として

・昔ながらの処分方法

・それ以外の処分方法

の2つあります。

その方法についてもう少し詳しく説明していきます。

昔ながらの処分方法

はじめにも書いたように、「どんど焼き」の処分方法です。

神社において、

しめ縄をはじめ、松飾り、書初めなどの正月飾りを

高く積み上げて燃やす行事です。

行事の日は、旧暦の小正月にあたる1月15日前後です。

この日の行事によって、

正月に飾ったしめ縄などを燃やし、

家に迎え入れた神様を天に帰すために行われると言われています。

さらに、どんど焼きの火にあたると

1年間無病息災で暮らせると言われています。

それ以外の処分方法

どんど焼きの日を逃し近くに神社がある人は、

神社にしめ縄を納めることができます。

大丈夫だと思いますが、

事前に一度神社に確認してみると良いでしょう。

近くに神社がない、あるいは、神社まで行くのが面倒な人は

通常のごみのように分別して捨てても問題ないです。

そのまま捨てるのは罰当たりと思う人は、

しめ縄をお酒や塩で清めてから、

分別した後綺麗な紙に包み、捨ててもよいです。

最後に、

しめ縄の由来をお話しして、シメにしたいと思います。

天照大神(あまてらすおおみかみ)が天の岩度から出たときに、

再び天の岩戸に入らないように

しめ縄で岩戸を塞いだ日本神話に由来しています。

したがって、「しめ」には神様の占める場所

という意味があると言われています。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。