よく噛むで褐色脂肪細胞が活性化する!?噛むダイエットで成功する方法は?

スポンサードリンク

あなたは普段の食事の時、

一口あたり何回噛んで飲み込んでいますか。

そんなことをまったく気にしないで

早食いしていませんか。

おそらく、

一口何回噛んで食べているということを

気にも止めないで黙々と食べている方のほうが多いと思います。

私もスリムで若い頃はそうでした。

しかし、30後半にもなれば、そろそろ気になる、

いや、もうすでに自分の体重が気になっているのであれば、

一口の噛む回数を意識するだけで

ダイエットにつながると言えば飛びつきたくなるでしょう。

それが、噛むダイエット方法なのです。

それでは、

噛むダイエットとは何ぞやからスタートし、

正しい方法や効果などを解説したいと思います。

噛むダイエットとは?

噛むダイエット、簡単です。

ネーミング通りで、

一口に入れた食べ物をある回数以上噛むだけの行為をすれば、

ダイエットできる方法です。

特に、難しいことではなくて、

指定した食物や指定した道具などを準備し

用いるわけではありません。

ただし、摂取カロリーが消費カロリーより多くなる

という食べすぎはダイエットにとっては論外です。

もう少し詳しく言うと、

毎食の一口の噛む回数を30回以上行い、

その回数を習慣化すれば、

「食べすぎがなくなる」

「便秘解消」など

いろいろな良い効果が得られます。

噛むダイエットの正し方法と効果とは?

噛むダイエットの正しい方法と効果についてまとめます。

まず、正しい方法です。

食べ物を一口入れた後は、

ある回数噛み飲み込みます。

これは当たり前のようですが、

早食いと言われているような人は、

一口入れると次々に食べ物が口の中に入り

噛む回数が少なくなります。

更に言うと、ほとんど噛まない

飲み込んでしまう人もいます。

この食べ方はいろいろな面でよろしくないです。

それでは、一口何回噛めばよいのかを考えます。

ある実験で、

一口で30回噛むグループと

50回噛むグループに分けて、

体重の減少比較を行いました。

その結果によると、50回グループの方が

30回グループより体重減少が大きかったようです。

それなら、回数が多い方が体重減につながるかというと

一概には言えません。

例えば、ちょっと極端ですが、

原始時代の人は固い食べ物が多かったようで

顎周りの筋肉と骨の発達がしっかりしていたようです。

つまり、小顔ではないと言うことです。

したがって、実験結果から、

30~50回の噛む回数がダイエットに適度だと思われます。

実践では、30回超えを目安にすればいいでしょう。

次に、噛むダイエット効果です。

脂肪燃焼

噛む行為で脳内からホルモンが分泌され、脂肪燃焼作用が期待できます。

小顔効果

噛む行為で口や顎周りの筋肉を使い引き締まります。

食べ過ぎ予防

噛む行為で唾液分泌を促進し、

食べ物に含む糖が分解され易くなり、

血糖値上昇して満腹感を感じ易くなります。

代謝促進

噛む行為自体がカロリー消費されていて、

その割合は全体の1割とも言われています。

便秘解消

噛む行為で食べ物が細かくなり、

胃腸での消化や吸収がスムーズになることで、

腸の働きを妨げずに便秘解消効果が期待できます。

最後に、

噛むダイエットについてまとめましたが、

いかがだったでしょうか。

30回超えを目安に噛むダイエットを根気よく続けましょう

噛むダイエットをしていれば心配ないと思いますが。

くれぐれも食べすぎには注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。