意外にも!?ダイエットをやめたら痩せるって本当?その理由とは?

スポンサードリンク

ダイエットは忍耐と空腹を伴い辛いものだ

と考えている人は多いと思います。

確かにそうかもしれません。

でも必ず成功するものでもないし、

かなりストレスが溜まるのも確かです。

そんなダイエットに疑問を抱いている女性もいると思います。

調べていると、

「断食は逆効果」とか

「空腹を我慢するのは逆効果」などのキーワードがヒットします。

そこで、

・ダイエットはむしろ逆効果?その理由は?

・ダイエットをやめると現れる効果とは?

のポイントで調べてみましたので、解説したいと思います。

■ダイエットはむしろ逆効果?その理由は?

ダイエットが逆効果だという理由を考えてみると、

3つのポイントが挙げられます。

・基礎代謝が低下する

・食事の吸収力が高まる

・ダイエットによりストレスが溜まる

これらのポイントについて、もう少し詳しく解説します。

基礎代謝が低下する

ダイエットとは、

「食事制限によって十分な栄養がない時に

身体は体脂肪をエネルギーとして消費させる」

という考え方です。

しかし、十分な栄養がないとき、およそ半々の割合で

体脂肪と同時に筋肉もエネルギーに変えています

ということは、筋肉の量が落ちて、

基礎代謝が低下することになります。

すなわち、痩せにくい身体になってしますわけです。

食事の吸収力が高まる

まず、空腹状態が長く続けば血糖値が低下します。

低下した状態で食事をとると、血糖値が急上昇します。

血糖値が急上昇すれば、インシュリン

食べたもののエネルギーを体脂肪にため込む働きを持っています)

というホルモンが大量に分泌します。

言い換えると、乾いたスポンジが

一気に水を吸収するような感じです。

すなわち、食事制限はしていても、

体重が減りにくいのはこの原理です。

ダイエットによりストレスが溜まる

食事制限のダイエットを経験した人は分かると思いますが、

空腹を我慢するということは結構ストレスになります。

そのとき、コルチゾールというストレスホルモンが分泌され、

「筋肉の分解」「免疫力の低下」「記憶力の低下」などを引き起こし、

ダイエットや健康などに悪影響をもたらすのです。

ダイエットをやめると現れる効果とは?

ダイエットをやめると現れる効果は、

前項で解説した逆のことが発生します。

食べ過ぎは論外ですが、

腹七・八分程度の通常の食事量と

適度な運動を組み合わせていれば、

筋肉を落とすことなく、

いやむしろ筋肉量が増えるかもしれないので、

基礎代謝が少し高まることが期待できます。

また、無理のない生活なので、

ストレスもなく健康な身体を保つことができるでしょう。

最後に、いかがだったでしょうか。

解説したように、

食事制限だけのダイエットは言い過ぎかもしれませんが

「百害あって一利なし」だと思います。

ダイエットは無理なく実践することが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。