今からでも遅くない!ジョギングダイエットのコツと効果

スポンサードリンク

健康、

脂肪の燃焼、

リラックス

などの効果が期待できるのが、

ジョギングダイエットです。

ジョギングで大切なポイントは時間と頻度です。

ジョギングは競争ではないので、

自分のペースで無理をせずに走ることが、

長続きするコツです。

ジョギングは有酸素運動ですので、

適度な無酸素運動(筋トレ)を入れることで

より一層のダイエット効果が期待できます。

それでは、ジョギングの効果やその実行時間などについて考えていきます。

ジョギングダイエットとその効果とは?

即体重を減らすのは難しいですが、

健康維持やキレイになる為にダイエットしている人におすすめなのが

ジョギングダイエットです。

ジョギング自体は走るという有酸素運動なので、

脂肪を燃焼させること、

脚を中心とした筋肉を鍛えること、

心肺機能を高めること

などができると共に、

外で運動すること

によって気分のリフレッシュや

脳の活性化などの副次的効果も得られると思います。

しかし、無理したり、間違ったジョギングをすると、

反って身体を痛めることになりかねませんので、

正しいジョギングの時間や頻度に気をつけたいです。

正しいジョギングは時間と距離が肝心

ジョギングの無理のない

正しい方法や時間などについて説明します。

ジョギングの仕方

ジョギングは走るという動作による有酸素運動ですので、

日頃運動をしていない方は

少しハードルが高いかもしれません。

また、脂肪の燃焼は運動を20分以上経過しないと

始まらないと言われています。

最初から、20分以上のジョギングはつらいと思いますので、

できる範囲でジョギングし、

途中で疲れたらウォーキングをいれるなどすれば

20分は続けられると思います。

徐々に時間を延ばしていけばよいでしょう。

ジョギングのペースとしては、

決して無理をしないでマイペース

(例えば、おしゃべりしながら走れるペース)

で充分です。

ジョギングの前にスクワットのような

筋トレ(無酸素運動)を取り入れるとより効果的です。

ジョギングの時間

ジョギングの時間は上でもお話したように

距離ではなく脂肪燃焼のために

20分以上運動すると言うことを心がけてください。

1日のうちいつジョギングすればよいかと言うと、

私は朝よりも夕方か夜がおすすめです。

朝は早く起きるのが大変ですし、

血圧的にもよくないです。

でも、あまり夜の遅いのもよくないので、

夕方あたりがベターでしょう。

ジョギングの頻度

ジョギングの頻度は2~3日に1回程度でよいと思います。

疲労もたまらないのでちょうどよいです。

とにかく、無理をせずに長続きできるように実行します。

有酸素運動であるジョギングだけで

ダイエットを成功させるには

ちょっと無理があります。

やはり、大きなダイエット効果を期待するならば、

食事管理と無酸素運動(筋トレ)を

併用した方がよいと思います。

ダイエットを真剣に考えているなら、

チャレンジしてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。