そのムッチリお尻の脂肪取れるよ!お尻痩せる方法とは?

スポンサードリンク

モデルの引き締まったお尻あこがれますよね。

しかし、年齢と共に、

なかなか落とせないお尻の脂肪

どうにかしたいですね。

お尻が垂れてきたり、

脂肪がついたりするのは、

年齢だけが原因でなく、

日常の生活習慣が原因なのです。

したがって、生活習慣の改善と生活習慣で

意識したいことを説明します。

小さいお尻は、生活習慣の改善から!

まず、見苦しいお尻になる原因から探っていきます。

原因1:骨盤の歪みで脂肪蓄積

スマートフォンを見ることが多くて

背中が丸まっている、

脚を組んで座る

などによる姿勢の悪さが骨盤を歪みやすくしてしまいます。

骨盤が歪むに伴い骨盤が開いてしまうと、

脂肪が溜まり易くなるので、

お尻が大きくなってしまいます。

左右対称な骨盤が正常ですので、

歪が生じると、身体のバランスが崩れ、

血液やリンパの流れが悪くなることで、

新陳代謝が落ち太りやすい身体になってしまします。

原因2:血行不良で脂肪蓄積

お尻は脚や手に比べて

動かす機会はほとんどありません。

また、お尻には毛細血管が多く集まっている部分なので、

血流が悪くなり易く、

冷え症などを起こしやすいです。

そのため、新陳代謝が悪くなり、

老廃物を処理できずに脂肪が溜まってしまします。

原因3:不十分な筋肉量で脂肪蓄積

運動不足や加齢によって、

お尻の筋肉が衰えると新陳代謝が低下するため、

痩せにくい身体になります。

すなわち、摂取したカロリーを効率よく消費できなくなり、

脂肪が蓄積する、太りやすい身体になります。

原因は理解できましたか。

次に、辞めてほしいお尻太り4習慣を探ります。

身体を冷やすこと

身体を冷やすと、原因2が引き起こされるので、

身体を冷やさないようにします。

悪い姿勢

悪い姿勢によって原因1と2を引き起こすので、

正しい姿勢を心がけます。

長時間座ること

デスクワークなどで長時間座っていると、

3原因すべてを引き起こす可能性が高いので、

ストレッチなどをして定期的に身体を動かすように気をつけます。

運動不足

運動不足も長時間座っているのと同様ですので、

適度な運動をするようにします。

生活習慣で意識したいこと

日常生活で意識したいことを5つにまとめてみます。

(1)お尻に力を入れること

お尻の筋肉を使うために、

家事などの日常の動きの中に、

お尻にキュッと力をいれて締めるようにすると、

お尻を引き締める効果があります。

より良いのは、スクワットです。

(2)ウォーキング

有酸素運動であるウォーキングによって、

運動不足も解消され脂肪の燃焼も促進できます。

お尻に力を入れるように

意識してウォーキングすると尚よいと思います。

(3)階段を使うこと

ズボラしてエレベーターなどを使わずに

階段を使うようにしてください。

その時のポイントとして、

かかとまでしっかりつけるようにすることです。

それによって、お尻の筋肉が十分に使われます。

(4)身体を温めること

ストレッチやウォーキングなどの運動をしたり、

湯船に浸かったりして、

身体を温めるようにします。

(5)つま先立ち

つま先立ちすることで、お尻だけでなく、

ふくらはぎ、太ももなどの筋肉も使いますので、

効果抜群です。

お尻痩せは日常生活でちょっと気をつけるだけで、

比較的簡単に成果がでます。

ぽっちゃりお尻で気になっている方は、

自分の主な原因を見極めて生活習慣を改善してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。