局部痩せしたい方は必見!マッサージダイエットとその効果

スポンサードリンク

人より汗をかきにくい、

姿勢が悪いデスクワーカーの方へ、

身体のどこかにむくみがあったりして、

新陳代謝がうまくいっていないのではないですか。

そういう状態でいると、

運動などを取り入れたダイエットも

十分な効果は見込めません。

そこで、

脂肪燃焼効率をあげ、

新陳代謝をアップさせ、

健康な身体にするため、

マッサージダイエットを試してみませんか。

ここでは、その効果と方法を紹介します。

マッサージダイエットとその効果とは?

適度な力を外から加えることによって

体の組織を揉みほぐす作業をマッサージと言い、

そのマッサージをダイエットに活かしたのが

“マッサージダイエット”です。

マッサージダイエットには

どのような効果があるのでしょうか。

マッサージによって、

全身のむくみが解消されますので、

脂肪が燃焼し易くなり、

痩せる前の段階でも既に、

見た目がすっきりとしてきます。

しかし、一定時間で元に戻ります

したがって、マッサージは、原則として、

リンパ筋に沿って揉みほぐしていくので、

脂肪を燃焼しやすくし新陳代謝をアップさせることで

ダイエットをヘルプすることが大いに期待できます。

決して、直接的なダイエット効果を生むものではありませんので、

勘違いしないようにしましょう。

正しいマッサージのしかたとは?

マッサージダイエットをより効果的にするには、

それを実践するタイミングも重要になります。

ベストタイミングは身体も温まっている

“お風呂上り”です。

次に、マッサージ方法を説明していきます。

1.ふくらはぎの周り

(1)足の甲から足の5本の指先に向けて、両手でゆっくりとマッサージする。

(2)足の甲からかかとに向けて、両手でゆっくりとマッサージする。

(3)アキレス腱とくるぶしの横を、両手でゆっくりと揉みほぐす。

(4)アキレス腱→足首→ふくらはぎ→膝裏 の順に両手でゆっくりと揉みほぐしながらマッサージする。

反対の足も同様に行います

2.股関節の周り

(1)両手の手のひらを膝上にあてる。

(2)膝上→太もも前面→股関節 の順にそれぞれ3~5回さゆっくりとする。

(3)両手を手のひらを膝の外側にあてる。

(4)膝の外側→太もも外側→お尻 の順にそれぞれ3~5回ゆっくりとさする。

(5)両手の手のひらを膝の内側にあてる。

(6)膝の内側→内もも→股関節」の順にそれぞれ3~5回ゆっくりとさする。

(7)「手のひら」を「拳」に変えて手順(1)~(6)を繰り返す。

反対の足も同様に行います。

3.お腹の周り

(1)顔を正面に向けたまま、上半身を右へひねる。

(2)右脇腹からお腹の中心までを、両手で10回程度さゆっくりとする。

(3)同様に左脇腹側も行う。

(4)上半身を正面に向け、おへその下に両手をあてる。

(5)おへそを中心に両手で時計回りに3~5回ゆっくりとさする。

(6)両手でお腹全体を繰り返し軽く叩く。

4.脇の周り

(1)脇の下に反対側の手をあて、円を描くように10回程度ゆっくりとマッサージする。

(2)ひじの内側に反対側の手の親指をあて、円を描くように10回程度ゆっくりとマッサージする。

(3)手首の内側に反対側の手の親指をあて、円を描くように10回程度ゆっくりとマッサージする。

(4)手のひらで手から脇の方向に向かって、腕の外側と内側を10回ゆっくりとさする。

反対側も同様に行います。

いかがだったでしょうか。

マッサージダイエットの効果とその方法を説明しました。

本文でも書きましたように、

これは脂肪燃焼の促進や新陳代謝アップなどを図り、

運動などの本格的なダイエット活動を援助するものです。

本格的なエクササイズとうまく融合して活用しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。