絶対知っときたい!アリミデックスの副作用と関節痛の関係性

スポンサードリンク

最近、がん治療は、

病院の中でするものではなくなりつつあり、

外来化が急速に進んできていると言われています。

それに伴って、

危険性の高い薬である抗がん剤は、

薬剤師や医師などによる服薬指導が重要になると同時に、

副作用の発現にも注意が必要となっています。

そこで、院外処方で最も多く扱われると考えられる

経口抗がん剤のひとつである

「アリミデックス(成分名:アナストロゾール)」

の特徴や副作用について整理してみます。

アリミデックスとは?

アリミデックス(成分名:アナストロゾール)は、

閉経後の乳がんに使われる抗がん剤です。

乳がんは、

エストロゲンという女性ホルモンが作用することによって発症し、

がん細胞が活性化してしまいます。

すなわち、このエストロゲンの作用を抑制すれば、

がん細胞の活性化も抑えられます。

閉経前は卵巣でエストロゲンが大量に生成されますが、

閉経後は男性ホルモンのアントロゲンから

エストロゲンを生成します。

アリミデックス(成分名:アナストロゾール)は、

アストロゲンからエストロゲンの生成過程に関与している

アロマターゼという酵素の働きをブロックすることによって、

エストロゲンの生成を抑えます。

そのため、アリミデックスは

閉経後の乳がんに抗がん剤として使われます。

患者が閉経しているかどうかの判断基準のひとつが年齢で、

日本人の場合50歳前後で閉経することが多いようです。。

副作用で関節痛とその他症状!

アリミデックス(成分名:アナストロゾール)の服用による

代表的な副作用として下記のようなものが報告されています。

関節痛・関節のこわばり

服用患者の約40%の方に

手のこわばりなどの関節痛の副作用が見られます。

服用後2ヶ月以内に発症することが多いです。

重症化すると治療が厄介なので、

速やかに症状を発見することが重要です。

骨粗しょう症

服用患者は骨密度が1年ごとに2%低下する

という報告があるため、骨粗しょう症のリスクがあります。

骨粗しょう症のリスクが高まる理由として、

エストロゲンには骨が溶け出すのを抑える作用があるのに、

そのエストロゲンの生成をアリミデックスが抑制しているため、

骨が溶ける抑制力を弱めてしまっているからです。

ただし、骨粗しょう症を予防する処方はあります。

その他の副作用

・肝機能検査値の異常

・ほてりや倦怠感

・発疹

などそのほかにもいろいろあります。

最後に、閉経後の乳がんに服用する抗がん剤の

アリミデックス(成分名:アナストロゾール)は、

いろいろな副作用があるのを

それなりにお分かりいただけたと思います。

また、持病やアレルギーのある方、

腎臓や肝臓の良くない方は、

医師とよく相談して服用してください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。