中学の入学時期までに準備する必要があるものとは?

スポンサードリンク

小学校に入学したと思っていたのに、

あっと言う間に6年間が過ぎ

中学に入学する子供をもつお母さんは、

入学するまでにどのくらいの費用がかかるのか

気がかりですよね。

特に、私立中学に入学するお母さんはなお更です。

制服、体操服、通学カバンなどなど、

いろいろ取り揃えなければなりません。

私立中学なら、これらを指定されるので

お金が国公立よりかさみますね。

そこで、

私立中学で入学までにどの程度費用がかかるのか

国公私立の中学でどの程度の差が出るのか

を調べましたので、まとめてみました。

だいたい費用っていくらくらい?

どこの国公私立中学でも

「下記の物品」を準備することになります。

中学入学までに必要な物品リスト

・冬服制服(ブレザー、ボトムスorスカート、Yシャツorブラウス×2枚)

・夏服制服(ブレザー、ボトムスorスカート、Yシャツorブラウス2枚)

・ベルト(女子はいらない場合もある)

・ベスト、セーター(買わないで良い場合もある)

・体操服(半袖上下×2組)

・ジャージ(長袖上下×2組)

・通学カバン(メイン/サブ)

・通学靴

・上履き

・体育館シューズ(上履きと共有の場合もある)

・水着(夏に購入する場合もある)

・文房具

以上を揃えるには、およそ10万円が目安となります。

私立の場合ならば、

さらに、入学金、建設資金が加わります。

学校によって差はありますが、

およそ40万円程度でしょう。

したがって、合計すると、

10万円+40万円=50万円程度が目安です。

近隣の中学ならよいですが、

電車通学となると交通費がプラスαになりますね。

国立、公立、私立で違うって本当?

入学までの必要物品は国公私立でもそんなに変わらないですが、

私立の場合は入学金や授業料、教科書代が余分に必要になってきます。

この費用の差がかなり大きく、馬鹿になりません。

学費だけを取り上げても、あるデータの平均値によると

中学(3年間):135万(国公立):390万(私立)

という数値が出ています。

これはあくまで平均値ですので、

ひとつの目安としていただき、

各学校によりばらつきがあることを頭に入れておいて下さい。

この学費の差だけで、255万円になります。

最後に、いかがだたったでしょうか。

参考になりましたでしょうか。

初めて中学入学を経験する時は、

お母さんがいろいろと心配事が多いと思います。

そのひとつの助けになれば、ありがたいと思います。

入学すれば、3年間にまだまだ大変なことがあります。

そのことも考慮に入れて計画的に貯蓄していくことも必要かもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。