大学の入学式ってどんな髪色ならいいの?派手でもいいの?

スポンサードリンク

大学受験に合格し、

4月から大学生になる人達は、

新しい大学生活に対して

不安と希望が入り混じっていることと思います。

大学には高校時代のように校則のようなものはありませんので、

服装や髪型などは原則的に学生の意思に任されています。

しかし、入学式では全員と言って良いほどの人が

スーツなどのフォーマルな服装で出席することが多いです。

そういうシーンでの髪の色はどうしたら良いか

迷うことでしょう。

初っ端から、茶髪などで染めていっても良いものなのかどうかです。

そこで、大学の入学式に出席する女性に対して、

どのような「髪色」なら良いのかを調べてみましたので、

ご紹介します。

大学や学部のルールを考慮しましょう

大学や学部の文化にもよるでしょうが、

基本としては極端に派手な色はダメだと思いますが、

茶髪でも自然な感じであれば問題ないです。

例えば、音楽系や美術系などの芸術系の大学の場合、

比較的強い個性の人が入学している割合が高く、

また、大学側もその個性を認めている部分もあるので、

派手な髪色で入学式に出席している人が多いです。

一方、看護系や保育系の学部ならば、

落ち着いた髪色が多いようです。

気になるようであれは、雰囲気が分かるので、

自分が行く大学の入学式の画像などを

チェックしてみるとよいと思います。

稀かもしれませんが、

大学によっては入学式の案内に

服装などに関する注意書きが書かれている場合があるので、

しっかり確認してみてください。

派手過ぎず、おさえめの自然な色にしましょう

大学は、その地域の学生だけでなく遠方の地方などのように

いろいろな高校からの学生が集まってきています。

したがって、新入生の多くは

入学式では地味でおとなしめの髪色にしてくると思われます。

また、入学式での周り人はほとんど皆が初対面ですので、

無闇に変な印象を与えたくないと考えているはずです。

なので、大学生活に徐々に慣れて親しい友人ができ、

大学での基盤ができた後、

髪色などを自由にしていくのが通常だと思います。

実際、新入生でない慣れた学生の中には、

けっこう派手な髪色の女子学生もいます。

高校のように校則がないから、

「自由にしてみたい」という気持も分からないではないですが、

最初の入学式くらいは派手にせず

自然な髪色に抑えておくのがおすすめです。

入学式における女学生の髪色ならば、

迷ったときは「黒髪」から

「明るすぎない自然な感じの茶髪」でしょう。

最後に、高校までの校則から解き放たれ、

大学では自分の意思で自由にお洒落ができます

しかし、自由とはやったことに対して

自分が責任を持たなければなりません。

その辺を良く考えて行動するようにすれば、

髪色への間違いも起こらないでしょう。

是非、大学生活を楽しみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。