一人暮らしの引っ越しに必要なダンボールってどのくらい?

スポンサードリンク

心機一転や転職などで引越しを考えているけれど、

一人暮らしで引越しにどれくらいのダンボール箱が必要なのか

なかなかわからないものです。

たびたび引越しをしていれば別ですけどね。

引越し業者に頼めば、ある程度見積もって

ダンボール箱を必要分もらえることはありますが、

もし自分でトラックを借りて自分だけで引越しする場合、

本当に困ると思います。

そこで、一人暮らしの引越しのダンボールの必要枚数

及び、間取り別によるダンボールの必要枚数について

調べましたので記事にしてみました。

一人暮らしの引越しに必要なダンボールは何枚?

一人暮らしの引越しには

いったいダンボール箱は何枚必要なのでしょうか。

引越し侍のデータによれば、

単身引越しの場合は10枚が最も多く3割程度で、

9枚以下から20枚までの割合の合計が9割程度になります。

したがって、一人暮らしのダンボールの必要枚数の目安としては、

10~20枚となります。

例えば、実家から一人暮らしに移る場合であれば、

荷物はそれほど多くないでしょうから

10枚程で十分かもしれません。

しかし、すでに一人暮らしをしている人の場合ならば、

間取りにもよりますが荷物が増えているでしょうから、

15~20枚を考えておけば問題ないと思われます。

ちなみに、男性よりも女性の方が比較的荷物が多いので、

女性の一人暮らしの引越しなら

少し多めに考えておいたらよいと思います。

間取り別の引越しに必要なダンボールは何枚?

実家から独立し一人暮らしを始める場合は

前項のように10枚程のダンボール箱の枚数を準備すればよいです。

しかし、すでに一人暮らしをしている場合の

単身での引越しであれば、

一概にダンボール枚数20枚とは言えないと思います。

その理由として、

一人暮らしだとしてもすでに住んでいる部屋の間取りで

荷物の量が上下するからです。

前項と同じように、

引越し侍のデータを使わせていただくと、

間取り別のダンボールの必要枚数は、

One Roomの場合、

9枚以下と10枚が最も多く共に約31%、

9枚以下から15枚までの合計で約85%、

1K~1LDKの場合、

10枚と15枚が多く27~28%、

9枚以下から20枚までの合計で約76%、

2K~2LDKの場合、

20枚と30枚が最も多く共に約23%、

9枚以下から30枚までの合計で約85%、

などとなっています。

このデータを見るように、

当然ですが広くなればなるほどダンボールの必要枚数が増えますので、

しっかりと自分の持ち物を把握するか、

断捨離して荷物を減らすことを考える必要があるでしょう。

最後に、引越しには必需品のダンボール箱ですが、

いざ引っ越すとなったときに

どのくらいの枚数のダンボール箱が必要かわからないものです。

今回の記事を参考にしていただき、

検討してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。