大変!?嫁に行き遅れる!?お雛様をしまう時期とは?

スポンサードリンク

お雛様とくれば桃の節句、

3月3日に飾る人形です。

雛人形を飾り始める時期は、

地方の慣習によって異なることがありますが、

立春(節分の翌日)から2月中旬にかけて

というのが一般的です。

つまり、「追儺(おにやらい)」の豆まきをすることで厄払いし、

清めた後に春を迎え、

そして、雛人形を飾るという流れになります。

このように飾り始める時期は知っていても、

・お雛様をしまう時期っていつなの?

・しまわないとこんなデメリットが…?

ということを十分に分かっていない人が多いと思います。

そこで、これらのことがはっきりするように調べてみましたので説明します。

お雛様をしまう時期っていつなの?

3月3日が終われば片付けるのが一般的です。

しかしながら、旧暦まで飾り続ける地域もあるようです。

3月3日から2週間程度経過した時期を

目安にすればよいと思います。

新暦の場合なら3月中旬頃までに、

旧暦の場合ならば4月中旬頃まででしょう。

その時期の中で湿気を避けた

「お天気の良い日」を選んで収納することをおすすめします。

旧暦の場合、ひな祭りの後は、

梅雨を控えた不安定な天気になり始めるため、

できるだけ早く片付けるとされていた面もあります。

しかし、現在は新暦なため旧暦より1カ月程度早く、

冬の寒さも残っていて空気が乾燥している時期なので、

旧暦と比べれば時間的な余裕はあるかもしれません。

したがって、昔みたいに急ぐよりも

丁寧な扱いと管理に気をつけた方がよいです。

日本は南北に長いので、

季節の変わり目が地域により時間差があります。

結局のところ、

その地域の風土や習慣に合わせた

「しまう時期」がベストだと思います。

しまわないとこんなデメリットが…?

早くしまわないと、

・雛人形は娘の厄を引き受けてくれるため、

いつまでも傍に置いておかない方がよいという考え

・片付けられない嫁(=だらしない嫁)とならないように、

早く片付ける躾をするための口実

・季節の節目の飾り物なので、

いつまでもお祭り気分でいてはいけないという考え

・雛人形は結婚の象徴なので、

「早く片付く=早くお嫁に行ける」という言い伝え

というような迷信や言い伝えなどがあるようです。

しかし、これらは迷信の類なので何の根拠もありません

要するに、雛人形をできるだけ早く

「天気の良い日」に片付けることが大切です。

敢えて良い方向に考えるならば、

「お雛様を大事にすれば幸せな結婚ができる」

くらいに思っておいた方がよいです。

最後に、

ひな祭りは娘さんとの大切なコミニュケーションの場にもなります。

お雛様を出す時や片付ける時に

お父さんも含めた家族全員で行うのがよいのではないでしょうか。

楽しい桃の節句にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。