雨の日の洗濯物は内干し?それ間違えです!最初は外干しでいいんです!

スポンサードリンク

みなさんは雨の日の洗濯物はどこに干していますか?

「雨に濡れてしまうから、家の中に干します。」

と答える人も多いでしょう。

私も雨の日は当然

家の中に洗濯物を干すものだと思ってました。

雨が降っているということは、

湿度が高いので、外に干してしまうと

余計に乾きが悪くなると考えていました。

隣の人が雨の日でも洗濯物を外に干していたので、

てっきり取り込むのを忘れたのだろうと思っていました。

ところが、実は雨の日に洗濯物を内干しにするのは

間違った固定概念だということが分かったのです。

最初は外干しでいいんです。

実際やってみると、

外干しの方がよく乾くことが分かりました。

ではなぜ太陽も照らず、

湿度が高いにもかかわらず、

外干しがいいのでしょうか。

外干しするときの注意点は何でしょうか。

そのことについて説明します。

なぜ最初は内干しじゃなくて、外干しなの?

結論から言うと、

洗濯物が乾くためには空気の流れが必要なので、

最初は外干しするのがベストです。

これには空気中の水分が関係しています。

水分が飽和する量は決まっているので、

水分が飽和状態に達すると

洗濯物は乾きにくくなります。

もし部屋の中に洗濯物を干すと、

雨の日は湿度が高い上に、

洗濯物から出る水分で、

さらに空気の水分量が飽和状態になります 。

屋外は空気の流れがあるので、

飽和状態になってない空気が流れ込んできて、

洗濯物の乾燥を早めます。

外では風が強くなくても、

空気はいつも流れています。

わずかな風であっても洗濯物の水分を飛ばしてくれます。

家の中では空気の流れが悪いので、

当然乾きが悪くなります。

それに部屋の中の湿度がどんどん上がり、

ジメジメした状態になってしまいます。

そうするとカビも発生しやすくなります。

カビは肺炎・アレルギー・感染症などの

原因になるので危険です。

私も、雨が続いたので部屋に洗濯物を干していたら、

一気に壁や窓際に黒いカビが生えた

という経験をしたことがあります。

ですからベランダに屋根がある場合は、

雨の日でも最初は外に干すことをお勧めします。

そしてある程度乾いたら内干しにしましょう。

でもベランダに屋根がない場合は、

可能であれば衣類乾燥機の購入を考えてみましょう。

部屋干ししか選択肢がないのであれば、

扇風機・除湿機・エアコンを使って、

湿った空気がたまらないように工夫しましょう。

扇風機を使う場合、窓を開けて、網戸をし、

窓際に洗濯物を干します。

洗濯物の方向に扇風機を向けて、

窓の外に湿気が逃げるようにして下さい。

寒い冬であれば、窓を時々開けるだけでも

湿気を外に出すことができます。

外干しの注意点とは?

確かに雨の日の洗濯物は、

最初は外の干した方がいいのですが、

注意点もあります。

まずベランダの屋根

雨を防ぐことができるくらいの

十分な大きさでなければなりません。

また屋根があっても、雨が降り込んできたり 、

雨水が跳ね返ってきたりすることがあります。

少しぐらい濡れても、そのまま乾かせばいい

と考えるのは良くありません。

なぜなら雨にはホコリや塵が含まれているからです。

最近はPM2.5の問題もあり、

有害汚染物質も含まれています。

また黄砂や花粉がひどい時期になると、

汚れた雨が降ります。

雨が洗濯物にかかると、

雑菌が付着して、シミや変な匂いが残ります。

ただそのまま乾かしただけでは

雑菌は落ちないので、

洗い直す必要があります。

ですから風や雨が強いときは、

外干しはお勧めできません。

そのような場合は、内干ししかできません。

内干しするしかないのであれば、

上で述べたように、衣類乾燥機を買う、

もしくは扇風機・除湿機・エアコンを活用する

という方法で対処しましょう。

空気の流れを良くし、

湿気がたまらないように注意を払えば解決できます 。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。