浴室にカビが…!酸素系漂白剤と重曹をペーストしたものでらくらくきれい!

スポンサードリンク

浴室は浴槽や床など

毎日お風呂用洗剤で洗っていると思いますが、

家の中で最もカビが繁殖し易いのは

なんと言っても浴室です。

おそらく、定期的に塩素系漂白剤を使って、

カビ取りをしている人は少なくないでしょう。

しかし、塩素系漂白剤は環境に優しくなく、

また、使い方によっては有毒なガスを発生させてしまい、

危険でもあります。

そこで、塩素系漂白剤よりも環境や人体にも優しい

酸素系漂白剤と重曹を組み合わせたカビ取り

・カビだらけ浴室のカビ取り方法

・カビ取り時の注意点

について調べてみましたので、

ご紹介します。

カビだらけ浴室のカビ取り方法

酸素系漂白剤(粉末)、重曹、お湯を使って

カビ取りペーストを作ります。

ただし、重曹は腐るので、

カビ取りペーストは必要な量だけ

作るようにしてください。

それぞれの目安の割合は、

酸素刑漂白剤:重曹=1:1

です。

そこに、40度程度のお湯

ペースト状になるように適量加えます。

これでカビ取りペーストの出来上がりです。

ペースト状にする理由としては、

カビや汚れにしっかり密着させるためです。

まず、カビ取りペーストを使う前に、

通常通りにお風呂を掃除します。

そして、浴室内のカビが繁殖している箇所に

カビ取りペーストを塗りつけ、

ラップした後5時間以上放置します。

放置した後、スポンジとお湯で洗い流し、

しっかり乾燥させます。

掃除がしにくい浴室の天井も

同様にするとよいです。

余ったカビ取りペーストは

浴室の排水溝掃除をかねて、

お湯と共に流せば問題ないでしょう。

カビ取り時の注意点

カビ取りペーストを使って一度でカビが落ちない場合は、

カビが発生する箇所はおそらく同じような箇所なので、

こまめにカビ取りペーストを使えば、

徐々に綺麗になります。

目などにカビ取りペーストが入った時は、

すぐに目を洗浄してください。

最も注意してほしいのは、

今回のカビ取りペーストを使って落ちないからといって、

その直後に塩素系漂白剤を使わないようにしてください。

酸素系漂白剤と塩素系漂白剤を同時に使うと、

有毒ガスが発生し

死にいたるような危険性もあります。

したがって、浴室の窓を開けたりして、

換気しながら掃除するようにしましょう。

最後に、

酸素系漂白剤と重曹を組み合わせた

カビ取りペーストはいかがでしたか。

簡単に作れて、値段も安くすみます。

また、浴室だけでなく、

キッチンなどの他のカビが発生している場所にも使える

エコ洗剤です。

ぜひ、カビ取りペーストを有効活用しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。