台所掃除の決め手!重曹とお酢を使った排水溝の掃除方法

スポンサードリンク

毎日台所を使っていると、汚れが蓄積されます。

特に、排水溝は掃除しなくちゃいけないと思っていても、

なかなか掃除するのが億劫な箇所です。

おまけに、ヌメリやニオイなど

嫌な汚れがいっぱいですので尚更です。

手もほとんど汚さず、

簡単に綺麗にできる排水溝の掃除方法があれば、

即試したくなると思います。

そんな方法があるのです。

その掃除方法は、

重曹とお酢を混合させて使う方法です。

排水溝の掃除方法を探している主婦の方、必読です。

重曹とお酢の使い方

準備するもの

ゴム手袋、重曹、酢、歯ブラシ

重曹はドラッグストアや100円ショップなどで購入できます。

お酢は、値段の安いものでいいです。

歯ブラシも使い古しのもので十分です。

重曹とお酢を使った掃除の仕方

まず、排水溝のカバーなどを外し、

重曹とお酢の混合液を入れられる状態にしておきます。

重曹とお酢の混合液を作ります。

作り方は、

重曹とお酢の混合の割合は2:1にするのがポイントで、

今回は重曹200mlとお酢100mlを混ぜるだけです。

その泡だっている液を、

排水溝の縁から汚れに馴染むように流し込んでいきます。

そのまま、5~30分程度放置します。

重曹とお酢を、30~40度程度のお湯で洗い流します。

残っている汚れがあれば、歯ブラシで擦ります。

これで排水溝の掃除は完了です。

どのくらいの効果が期待できるのか?

重曹とお酢を混ぜることによる効果について考えます。

重曹の特徴として

・ph8程度の弱アルカリ性

・油の分解力

・研磨効果

が上げられます。

一方、お酢の特徴

・ph3程度の弱酸性

・水アカや石鹸カスなどのアルカリ性汚れへの洗浄効果

が上げられます。

また、両方共に身体や環境に優しいものなので、

洗い流しても問題になりません。

重曹とお酢の化学反応(中和作用)によって、

泡状に広がり隅々に行渡ります。

そして、重曹とお酢が合さっていますので、

油や水垢などの汚れを浮き上がらせてくれます。

重曹の研磨効果でピカピカにもなります。

おまけです。

お酢のニオイが苦手な人は、

クエン酸を使うとよいです。

クエン酸も重曹と同様に簡単に購入できます。

最後に、

重曹とお酢を使った排水溝の掃除の仕方

その効果を説明しました。

重曹もお酢も身体や環境に安全なものですので、

小さなお子さんがいても

使った後も心配する必要はありません

重曹とお酢はお掃除に単独で使うこともできますので、

他の水まわり箇所に応用できます。

是非、試してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。