酸素系漂白剤と重曹を組み合わせるとカビ取りスプレーができる!その作り方

スポンサードリンク

毎日、ちゃんと掃除をしているつもりでも、

家の中のガラス窓や家具などに

知らない内に黒いブツブツのカビが生えてしまったりしています。

そのカビをそのまま放っておくと、

更に繁殖してしまいます。

下手をすると、病気の原因にもならないとも限りません。

そこで、カビ取りにはもってこいの

酸素系漂白剤と重曹の組み合わせについて

・酸素系漂白剤は安全に使える

・重曹との組み合わせは最強コンビ

を調べてみましたのでご紹介します。

酸素系漂白剤は安全に使える

酸素系漂白剤は水に溶かすと、

過酸化水素と炭酸ソーダに分解されます。

さらに、過酸化水素は水と酸素に分解されます。

この酸化作用が漂白や除菌などに役立つわけです。

酸素系漂白剤は塩素系漂白剤よりも環境に優しく

比較的安全だと言われています。

それはどういうことでしょうか。

その点を説明します。

酸素系漂白剤のひとつの成分である

炭酸ソーダ(炭酸ナトリウム)は、

自然界に存在する無糖質です。

したがって、生物分解される必要がなく、

環境への負荷が少ないと言えます。

しかし、もう一つの成分である過酸化水素はというと、

長期的な視点では酸素と水になるので問題ないのですが、

短期的には水生生物に毒性のある

区分2に分類されています。

そのため、重曹やセスキ炭酸ソーダなどの天然系のものと比べると、

環境への負荷はやや高いということになります。

次に、人に対してどうかを考えてみます。

酸素系漂白剤はアルカリ性が強いので、

タンパク質を分解します。

なので、直接皮膚に触れたりするのは避けた方がよいですし、

目に入った場合、すぐに洗浄する必要があります。

重曹との組み合わせは最強コンビ

酸素系漂白剤が塩素系漂白剤と比較すると、

はるかに環境にも人にも優しいことは

おわかりいただけたと思います。

その酸素系漂白剤に“重曹”を組み合わせると、

強力な「カビ取りと漂白剤」になります。

なぜなら、両方共に、弱アルカリ性だからです。

また、酸素系漂白剤と重曹は

手軽にドラッグストアや100均などで手に入れられます。

手軽に使える酸素系漂白剤と重曹を組み合わせた

スプレーの作り方を説明します。

・40~60度のお湯 150~200ml

・重曹 小さじ 1杯

・酸素系漂白剤(粉)小さじ 1杯

・スプレーボトル

を準備します。

スプレーボトルにお湯、重曹、酸素系漂白剤の順に入れ、

よく混ざるように振ります。

これでカビ取りスプレーの出来上がりです。

ここで、気をつけてほしいのは、

重曹が入っているので

必要量だけ作り使い切ることが大切です。

最後に、カビは湿気がなければ繁殖できません。

なので、カビ取り掃除の後は

しっかりと水分を拭き取ることが重要です。

カビの発生が原因で、

皮膚病や呼吸器疾患などの病気にならないように、

今回のカビ取りスプレーを有効に使ってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。