アルミのフライパンの使用方法とは!?使い方次第でくっつくのを防げる

スポンサードリンク

アルミ製のフライパンは、

イタリアレストランなどでパスタを料理する際に

必須アイテムと言って良いほどのものです。

軽くて扱い易いですが、

その反面食材がくっつきやすいとも言われています。

それは、おそらくアルミフライパンの特徴を知らずに

ステンレス製などのフライパンと

同じように扱っているからのように思います。

そこで、ここでは、そのアルミ製フライパンが

「なぜくっついてしまうのか」

アルミ製フライパンの「メリットとデメリット」

などを調べてみましたので、紹介します。

くっついてしまう原因

アルミのフライパンの特徴は、

熱伝導性が非常に優れている点で、

食材にすぐに熱が入るので、

調理時間が短縮できます。

しかし、この特徴を旨く活かしきれずに、

強火で炒めたりしてくっついてしまう場合があります。

また、アルミフライパンの温めが不足していると共に、

油ならしをしていない場合にも

くっついてしまうことがあります。

したがって、調理で使う前に、

アルミフライパン全体に油の膜をつくる作業である

「油ならし」をしておくと、

くっつきにくくなると同時に、

焦げやサビもできにくくなります。

「油ならし」の手順は、

まずアルミフライパンをコンロで火にかけ熱します。

温まったところで、おおめの油をひいて、

フライパン全体になじませます。

煙を確認した後、腸地に必要な油だけを残し、

余分な油はオイルポットなどに戻して、

後は通常通りに調理します。

この「油ならし」で、くっつきにくくなるでしょう。

メリットとデメリットを理解する

アルミフライパンのメリットとデメリットを整理しまとめてみます。

アルミフライパンのメリット

・軽くて使いやすい。

・熱伝導性に優れている。

・火力調節がしやすい。

・銀色をしているため、食材やソースの色の状態がわかりやすい。

・ワインを加えた時にアルコールを飛ばす作業がしやすい。

これらの点から、女性でも料理慣れしている人なら、

使いやすいと思われます。

アルミフライパンのデメリット

・熱伝導性が高いため、食材が焦げつきやすく、くっつきやすい。

・高温に弱いため、強火が必要な調理には適していない。

・強い酸やアルカリに弱い。

・油なじみがあまりよくないので、焼く・炒める調理には適していない。

・最近ではIHコンロ対応のものが出ていますが、原則IHコンロでは使えない。

以上の点から、料理下手な人や初心者にとって、

通常使用はできないでしょう。

使えたとしても、

水分を含んだパスタのようなものに限られるかもしれません。

最後に、アルミフライパンは

焼く・炒めるの料理には適していませんが、

使い分けるようにすれば

料理の幅が少しづつ広がります。

まずは、パスタなどからはじめてみてはどうでしょうか。

また、アルミフライパンを選ぶときには、

軽いので少し大きめのサイズのアルミフライパンを

購入してもいいかもしれません。

なんせ、軽いですから、

少々大きくても扱えると思います。

レッツ・トライです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。