オリゴ糖が便秘に効かない人の落とし穴!潜む病魔とその実態、

スポンサードリンク

オリゴ糖を使っているのに便秘が解消されないで悩んでいる方はいませんか。

オリゴ糖は必ずしも便秘解消に効くとは限りません。

オリゴ糖が効かない場合もあります。

それはどんな場合でしょうか。

今回は、

「オリゴ糖が便秘に効かない人の原因」とその原因から

「考えられる病気とその対処法」を考えていきます。

オリゴ糖が便秘に効かない人の原因とは?

オリゴ糖を飲んでいても期待したように便秘が解消されない場合、

次の原因が考えられます。

水分量や腸の内容量の不足

水分量が不足していると便秘の原因となるので、

お水やノンカフェインのハーブティーなどを飲んで、

腸内の便を柔らかくするように心がけます。

また、オリゴ糖で腸内環境を整えても、

便となるものが不足していれば便秘は解消されないので、

食物繊維などバランスよく食べます。

ビフィズス菌の数の不足

ビフィズス菌はオリゴ糖を餌にして腸内環境を善玉菌優位の状態に整えます。

しかし、そもそも、そのビフィズス菌の数が足りないと

オリゴ糖を飲んでも意味がなくなります。

サプリメントなどでビフィズス菌を補ってください。

自律神経の乱れ

不規則な生活ストレスによって、

交感神経と副交感神経のバランスが崩れて、

自律神経の働きが乱れます。

そして、身体の器官にさまざまな不調を引きが起こします。

考えられる病気とその対処法とは?

前章のオリゴ糖が便秘に効かない人は、

・水分量や腸の内容量の不足、

・ビフィズス菌の数の不足、

・自律神経の乱れ、

の3つが原因であることがわかりました。

この中で最も注意すべき原因は「自律神経の乱れ」です。

したがって、この自律神経の乱れによると考えられる病気を紹介します。

自律神経の乱れにより発症する病気

(1)自律神経失調症

精神的なストレスや過労がトリガーとなり、

心や身体の不調を引き起こす状態です。

(2)神経性胃炎

精神的なストレスや生活習慣の乱れなどが原因になる胃炎です。

(3)過敏性腸症候群

腸のせん動運動に異常が起こる病気です。

(4)メニエール病

ストレスなどが原因で内耳のリンパ液に異常が起こる病気です。

(5)過呼吸症候群

過剰な精神的ストレスがトリガーとなって、

突然浅く速い呼吸を繰り返す病気です。

次に、上の病気を踏まえて、日常生活でできる対処法を紹介します。

日常生活でできる対処法

(1)休憩や休息などのリフレッシュできる時間を意識してつくる。

(2)精神的なストレスをひとりで抱え込まない。

(3)焦らず、完璧を求めずにマイペースでゆったりした気持ちで物事に取り組む。

(4)好きな音楽や香りなどで心身をリラックスさせる。

(5)最後は、病院で受診する。

オリゴ糖を飲んでいるけど、

生活習慣が乱れ、長く便秘で苦しんでいる方は、

まず自律神経の乱れを疑った方がよいかもしれません。

大事に至る前に、お医者さんに相談してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。