そのめまい油断していない!?めまいと倦怠感の本当の関係性

スポンサードリンク

めまいや倦怠感を感じたとき、

生活習慣が乱れているため休めば回復するだろう、

くらいに軽く考えている方がおられると思います。

しかし、その症状は何らかの病気のサインかもしれないのです。

したがって、めまいと倦怠感の原因と症状をちゃんと知ると同時に、

その予防法と対処法を考えたいと思います。

めまいと倦怠感の原因と症状とは?

まず、めまいと倦怠感の原因と症状について考えます。

日常生活から考えられる原因

1.過労、睡眠不足、不規則な生活

仕事が忙しすぎて休息がとれない、

睡眠不足が続くなどで心身共に疲労が蓄積した場合に起こります。

また、不規則な生活が続く場合も起こることがあります。

2.蓄積した精神的ストレス

人間関係や仕事によるプレッシャー、

引っ越しや結婚など環境の変化などによって

精神的ストレスが積み重なった場合に起こります。

3.偏食による栄養バランスの乱れ

ビタミン、ミネラル、タンパク質などの

身体に必要な栄養成分が不足した場合に起こります。

特に、ビタミンB群は、栄養成分をエネルギーに変える働きがあるため、

その不足によってエネルギーがつくられにくくなり、

代謝が上手く働かなくことなどから、

だるさや倦怠感がなかなかとれなくなります。

また、鉄分の不足は貧血によるだるさや倦怠感を引き起こすことがあります。

主な症状(病気)

急性疾患の場合、風邪、インフルエンザや急性肝炎などが代表的です。

顔にむくみがある場合などは、腎臓や心臓疾患が、

顔色が悪くてめまいを伴う場合は、貧血や更年期障害、低血圧症などが疑われます。

他にも、うつ病や心身症などの精神疾患、

慢性肝炎や肝硬変など肝臓の疾患、糖尿病、結核、慢性腎盂腎炎、さ

らには胃がんや大腸がんなどが疑われる場合もあります。

予防法と対処法とは?

日常生活の予防法

1.規則正しい生活

夜更かしや昼夜逆転などが常態化するのは論外です。

朝にちゃんと起床し朝日を浴び、3食きっちり摂ることです。

2.十分な休息

疲れたら、十分な休憩や睡眠をとることです。

3.ストレス解消

スポーツや趣味などで仕事から離れてリラックスするようにします。

4.栄養バランスのとれた食事

消化・代謝がしっかり行われるように栄養のバランスを考えた食事をする。

対処法

1.十分な睡眠

2.適度な運動

3.バランスのとれた食事

ここまでは、予防法と同様です。

4.市販薬の使用

ビタミン剤などの市販薬を活用することも良いと思います。

特に、ビタミンB群を補いたいものです。

5.病院を受診

だるさや倦怠感が持続し回復しなければ、

重大な病気が隠れている場合があるので、医者の診察をすすめます。

主治医がいるなら相談してください。

最後に、

めまいや倦怠感を甘く見ることなく、怪しい、おかしいと思ったら、

迷わずに病院へ行くようにします。

我慢して、くれぐれも手遅れにならないように。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。