危険な場合も!?気になる首のしこりは単なる肩こりだけではなかった

スポンサードリンク

首にできたしこり。

肩こりが原因だと思っていたけど、実は他にも原因があった!?

放っておいたら病状を悪化させる可能性も…

今回は首のしこりから考えられる病気についてご紹介します。

肩こりでしこりができやすい部位。対処法は?

肩こりは不自然な姿勢を長時間続けたり、

肉体的・精神的ストレスを感じたり、

自律神経が乱れることで起こりやすくなります。

これらの条件によって肩の筋肉が緊張状態になるため

伸縮性がなくなり、血液の流れも悪くなったり、

疲労物質が蓄積しやすくなってしまった結果、

肩がこるようになります。

肩こりからくるしこりは筋肉が凝り固まって出来たものです。

できやすい部位は

後頭部の真下、

首の付け根、

肩甲骨の上部・内側、

肩の付け根と

胸の間のくぼみ

といわれています。

しこりをなくすためには硬くなってしまった筋肉を

和らげてあげることが大切になってきます。

日頃からお風呂にしっかり浸かり、

身体を芯から温めてあげるだけでも筋肉はほぐれやすくなります。

その後出来ればストレッチやマッサージを行うことで

筋肉はよりほぐれていきます。

マッサージをする場合、

しこりがかなり腫れていたり熱をもっているようでしたら、

それらが落ち着いてからやるようにしましょう。

しこりに対してゆっくりと垂直に押すようにしてマッサージします。

筋肉をほぐすためには緊張状態から解放してあげることも大切です。

自宅にいるときは特にリラックスしやすい環境を作ってあげると良いでしょう。

肩こりが原因かと思いきや、病気が隠れていた!なんてことも!?

しこりが出来る原因は実は肩こりだけではありません。

他に考えられる原因はリンパ腺(リンパ節)の腫れです。

リンパ腺は風邪などの細菌によるものがほとんどです。

リンパ液は体内に菌が入ったときに免疫反応によって

菌を撃退しようとします。その結果として炎症が起こすのです。

リンパ節はこういった働きを持つため

比較的に腫れやすい部分でもあります。

あまりひどく腫れるということはありませんが、

もともと体調が悪い時などはひどく腫れる場合もあります。

リンパ節が腫れるということ自体は問題はありませんが、

悪性の腫瘍によって腫れている可能性もあります。

そうなってしまうとガンということも考えられます。

ガンを気づかず放っておくと知らない間に進行してしまいます。

基本的にリンパ腺がウイルスなどによって腫れているだけならば、

薬などを飲んでいれば1~2週間で徐々に腫れが引いていきます

時間が経てば経つほど悪化していくようであれば

ガンという可能性もあるようです。

首にしこりがある場合は単に肩こりと片付けず、

経過をしっかり見るようにしましょう。

もしも病気が原因でしこりが出来ているのであれば、

早く見つけるということが大切になってきます。

肩こりも放っておけば症状が悪化することもあります。

肩こりだからと自分で判断せず、

まずはお医者さんに診てもらってどういった対処をしていくべきなのかを

しっかり確認することをおすすめします。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。