引っ越しの冷蔵庫の中身はどうする?電源は切る?切らない?

スポンサードリンク

引っ越しをする際、大型家電を取り外すタイミングって悩みますよね。

特に食べ物を入れておく冷蔵庫。

出来れば直前までは使いたいけど、

引っ越すいつくらい前に冷蔵庫の電源って抜くようにすべきなのでしょうか?

今回は引っ越し先に冷蔵庫を移動させるための準備についてご紹介します。

 引っ越し1週間から3日前

引っ越しの1週間から3日前までは冷蔵庫の中身の整理を行っていきます。

調味料などであれば持っていくことは可能ですが、

食材となると様々な問題が生じます。

近くへの引っ越しであれば、荷物は多くなるのを我慢すれば、

持っていける食材もありますが、

引っ越し先が遠い場合は残った食材は処分しなくてはいけません。

そうなるともったいないので、引っ越し1週間前からは、

どうしても必要な食材のみ購入するようにして、

あとは冷蔵庫の残っているものをうまく消費していくようにしましょう。

1週間前になったら残っている食材全部を確認し、

どういった食事メニューにするか献立を考えておくと

食材を余らせることがなくなるので良いでしょう。

冷凍しているものも忘れずチェックしてください。

引っ越し前日から当日

冷蔵庫の電源は前日に切るようにします。

その理由は冷蔵庫を運ぶためには

“水抜き”“霜取り”をしなくてはいけないからです。

そのため食材は前日までに消費し、

電源を抜くときには冷蔵庫の中身が空になっているようにします。

冷蔵庫を移動させるために行う水抜きとは

製氷機内の氷や蒸発皿に溜まった水を処分することをいいます。

製氷機内に氷がたくさん残っている場合は

シンクなどにすべて取り出すようにしましょう。

そのままにしておくと、電源を切った後氷が解け、

水浸しになってしまいます。

水抜きをしないと冷蔵庫を移動させる際に水が垂れ、

掃除した床などを水浸しにしてしまうことが考えられますので、

しっかり行うようにしましょう。

霜取りとはその名の通り冷蔵庫内についてしまった霜を除去することです。

電源を抜いてから冷蔵庫の中の冷気を逃がして霜を溶かしやすくするためにも、

冷蔵庫の扉は開けておくようにします。

霜が多くついてしまっていると

溶けた時に冷蔵庫内が水浸しになるので、

タオルなどを敷いておくことがおススメです。

抜いたコードは邪魔にならないように

まとめてガムテープなどで側面に貼っておくと良いでしょう。

当日水抜きや霜取りがしっかり出来ているかを確認し、

全体をしっかり拭き取ったらあとは引っ越し業者に頼んで運んでもらいます。

もしご自分で運ぶようでしたら

冷蔵庫は横にせず出来る限り縦に近い状態で運ぶようにしましょう。

横に傾けてしまうと冷蔵庫の内部にある冷却装置などと

内蔵されている油が混ざり故障の原因にもなってしまいます。

運ぶ際には十分注意して運ぶようにしましょう。

引っ越し先に運んだあとすぐに電源を入れることも要注意です。

引っ越しの際の振動などで冷蔵庫の内部は不安定な状態なので、

1時間以上時間が経ってから電源を入れるようにしましょう。

引っ越しは大変なことが多く、

こういった電源を抜いたり入れたりするタイミングを確認しておかず、

大変なことになった…なんてこともあり得ます。

引っ越し当日焦らないためにも

事前に準備や方法などは確認しておくようにしましょう。

スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。