今年もその時期がやってきました!おせちっていつから作るものなの?

スポンサードリンク

お正月といえばおせち!!

そんなご家庭もあるのではないでしょうか?

みんなで楽しく食べることの出来るおせちですが、

そもそもなぜお正月におせちって食べるようになったのかご存知ですか?

準備はいつから始めるのが良いのでしょうか?

今回はおせち料理に関して知っておきたいあれこれをご紹介します。

おせち料理の意味って何?

おせち料理とはお正月に食べるお祝いの料理です。

しかし本来はお正月だけでなく五節句などにも食べられていました

おせち料理というものが広まるにつれて、

一年で最も大切な節日のお正月にふるまわれる料理が

おせち料理として定着したそうです。

おせち料理はもともとその年の収穫物の報告や感謝の意を込めて、

その土地などで採れたものをお供えするというかたちで

考えられ作られていましたが、

食文化が豊かになるにつれて山の幸や海の幸も使った

今のおせちに変化していったそうです。

おせち料理は“めでたさを重ねる”という意味で

重箱に詰めて出されるのが基本です。

もともとは四段重ねでしたが、

最近では三段重ねが増えているそうです。

各段ごとに詰める料理が違っており、それぞれに意味を持ちます

一の重には祝い肴と口取り。

二の重には焼き物。

三の重には煮物。

与の重には酢の物と和え物。

与の重を四としないのは四という数字が忌みの数字とされているからです。

五の重は空にするか好きなものを詰めます。

空にする意味は歳神様から授かった福を詰めるという意味があります。

しかし家族の好きなものや予備の料理を入れておくのでも問題はありません。

三段の場合

一の重が祝い肴と口取り。

二の重が酢の物と焼き物。

三の重が煮物となります。

おせち料理はいつから作るものなの?

おせち料理は健康や豊作などを願って食べるという意味もありますが、

お正月に主婦の方たちが台所に立たなくても良いように、

という意味もあるのです。

そのためおせちに入っている食べ物は日持ちしやすいものになっています。

どのくらい日持ちするかは食材や作り方によっても違ってきます。

一般的には日持ちしやすい順番を考え、

佃煮→酢の物→煮物→焼き物の順に作るとされています。

早い方は12月中旬から買い出しなどの準備をする方もいらっしゃいますが、

お正月の1週間前から準備を始めるという方が多いようです。

まとめてやろうとするとかなり大変になってしまうそうなので

数日に分けて行うことがコツだそう。

作り始める前にスケジュールを立てて

計画的に行うと良いかもしれませんね。

最近ではスーパーやコンビニでもおせちは販売されており、

中身も多種多様になってきていますよね。

おせちの形は変わってはきていますが、

家族みんなで集まって楽しく食事できるのが

おせちの魅力の一つだと思います。

おせちを準備するのは大変なことも多いですが、

楽しいお正月を迎えるためにもコツコツと準備をしていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。