0歳児にお年玉ってあげるの!?赤ちゃんのお年玉の相場とは?

スポンサードリンク

子供の時のお正月の楽しみといえば「お年玉」ですよね。

いくらもらえるのか、何に使おうかなど色々楽しみにしたものです。

でもあげる側になるといくら上げたらいいのかなど迷うものですよね。

0歳児の赤ちゃんにはお年玉っていくらぐらい渡すものなのでしょうか?

なかなかパパやママには聞きづらいですよね。

今回は赤ちゃんのお年玉は皆さんどうしているのか調べてしました。

赤ちゃんへのお年玉の相場とは?

そもそもお年玉って何歳から贈るものなのでしょうか?

0歳児などの赤ちゃんにも贈るものなのでしょうか?

お年玉の由来を調べてみると、

もともとはお金ではなくお餅を配っていたそうです。

その年の福徳を司る神様のことを歳神様と呼びますが、

その歳神様にお供えしたお餅(鏡餅)を下げた時に

年少者に分け与えたころがお年玉の始まりだそうです。

年月が経つにつれて

親や親せきが子供のお金を贈る習わしに変わったそうです。

つまり何歳からあげなくてはいけないなどの決まりごとはないため、

家庭ごとにいくら贈るか、

何歳から贈るかは全く違ってくるようです。

0歳児の赤ちゃんにお年玉をあげている理由で最も多いのが

自分の子供に対しても0歳のころからもらっていたから、だそうです。

もしご自分のお子さんが0歳の時にお年玉をもらっている方がいるようでしたら、

その方のお子さんが0歳の時にもお年玉は贈った方が良さそうです。

金額も頂いた金額を返す方がほとんどのようです。

平均としては1000円前後の金額を贈っている方が多いそうです。

お金よりおもちゃの方がいい!?

0歳児の赤ちゃんにお年玉を贈っても

本人は残念ながら意味が理解できる年齢ではないですよね。

そのためどうしても赤ちゃんの頃のお年玉は

親同士のお付き合いのためのもの、となりがちです。

そのため最近では赤ちゃんのためになるものとして

おもちゃなどをお年玉代わりに贈るという方も増えてきているそうです。

おもちゃ以外にも洋服やタオル、絵本など

赤ちゃん自身が使えるものがお年玉の代わりとして贈られているそうです。

お金やお年玉の意味が理解できる年齢になるまでは

おもちゃなどの方がもらうものとしては嬉しいかもしれませんね。

0歳児の赤ちゃんのお年玉に関しては必ずあげなくてはいけない、

などの決まりは一切ありません。

そのため贈る、贈らないはどうするか、

いくら贈るのか、

何を贈るかなどは

ご家族で相談して決めれば良いでしょう。

相手方が喜ぶものを贈ることが出来るといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。