意外と知らない!?お正月のしめ縄はいつから飾るのかを指南

スポンサードリンク

お正月飾りのひとつ「しめ縄」

お正月を迎える準備として飾ろうと思っているけど、

しめ縄って一体いつから飾り始めるものなのでしょうか?

今回はしめ縄について知っておきたい知識についてご紹介します。

そもそもしめ縄の意味って何?

お正月に行われる物事は

歳神様というその年の福徳を司る神様を

お迎えするために行われるものです。

そのひとつがしめ縄です。

しめ縄は神様を祭るのに神聖な場所であることを示す意味があります。

そのため神様が宿るとされる場所に飾るのですが、

家の中であれば神棚に飾ります。

また、しめ縄は不浄なものや災いをもたらすものが

入り込まないようにするための結界の意味も込めて飾られています。

しめ縄に似ているものでしめ飾りというものがありますが、

これはしめ縄に縁起が良い飾りをつけたもので、

歳神様を迎え入れる場所である玄関などに飾られます

お正月飾りには様々な種類があり、

それぞれ飾る場所や飾る方法が違ってきます。

それぞれに意味がありますので、

必ず確認してから飾るようにしましょう。

いつからいつまでしめ縄を飾ればいいの?

しめ縄は神様を迎えるためのものなので

新年を迎える前に飾るようにします。

一般的には25日から28日頃に飾るものとされています。

29日は9という数字が“苦”を連想することもあり、

縁起が悪いとされています。

また31日に飾るのも一夜飾り(いちやかざり)といわれ、

歳神様に対して誠意が欠けるとされ避けた方が良いとされています。

30日も旧暦では大晦日とされ31日と同じ意味を持ってしまいます。

そのため遅くても28日までには飾るようにしましょう。

一方外す時期に関しては一般的には“松の内”に外すとされています。

松の内までにはお正月飾りをすべて外すとされていますが、

松の内の終わりは関西、関東で違いがあります。

関東では1月7日

関西では1月15日が松の内の終わりとされています。

ご家庭によっても毎年どうされているか違いがあると思うますので、

外す日にちはご家族で話し合って決めるのが良いでしょう。

1月15日には地域や神社などで

どんど焼きが行われることでしょう。

そこでしめ縄を処分する方も多いと思いますので、

そこまでには外すようにしておきましょう。

しめ縄は神様を迎え入れるための大切な飾りのひとつです。

いつ飾っても外しても良いというわけではありません

縁起の良いものを飾るわけですから、

必ず意味やルールなどをしっかり理解してから飾るようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。